JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミックス(シーズー×ラサアプソ)6歳オス 去勢済。 3年前糸球体腎炎と肺血栓?で1週間日帰り入院、治療し2ヶ月ほど

質問者の質問

ミックス(シーズー×ラサアプソ)6歳オス 去勢済。
3年前糸球体腎炎と肺血栓?で1週間日帰り入院、治療し2ヶ月ほどで完治。
以後、血液検査でFRA値が300を下回ったことがなく、糖尿に移行する可能性を指摘されていた。
3ヶ月前はじめて尿に糖が出たが、以後出ていない。
1年ほど前からストルバイト結晶で、毎月の尿検査を繰り返しており、結晶はあったり無かったりで、皮下輸液や療法食で対処している。
水を飲む寮が少ないことも原因と言うことで、フードをふやかしたり薄いミルク水で飲ませることに努力している。
常に、尿は濁っている。
精密検査の結果、腎臓機能に問題は無いが、腎臓奇形があるようだと言われた。
常にタンパクが出るのはこのせいかもしれないと言われた。
薬は、3年前から心臓の薬(抹消血管を広げる薬)使用し、半年前から漢方薬(カイゲン・チョレイトウ)を飲ませている。
今2週間ほど、試験紙で朝昼晩の尿検査を自宅でやっているが、常にタンパクが±(たまに+や-)です。
尿のPHは5.0~7.5位を一日で変化している。

相談は、尿タンパクが気になり、これからの腎臓を守るためにサプリや食事などのアドバイスをいただきたいです。
宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

尿たんぱくに関しては正常な子でもー出ないことは多く、尿比重が高ければ、+くらいまでは出ることはあります。
濃いおしっこの中には比較的タンパクも濃くなりやすいということです。
ですので、本当に優位なタンパク尿なのかどうかは尿たんぱく/クレアチニン比というものを測る必要があります。
これを調べてもらったことはありますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

クレアチニンは問題ないと言われました。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。
ただ、血中のクレアチニンではなくて、尿中のタンパク/クレアチニン比のは測ってもらっていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


たぶん、尿中だと思います。


尿を専門機関に出したと言われたので・・・。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

もし尿中タンパク/クレアチニン比が正常なのであれば、その蛋白尿は問題ありません。
単に尿が濃いためにタンパク濃度が高いだけという解釈になります。
現在のところ、タンパク尿に効果があるといわれているのはACE阻害剤(おそらく今飲んでいる心臓のお薬がそれだと思います)ですので、それは続けてもらったほうがいいでしょう。

それからストらバイト血症に関しては基本的には療法食が有効です。
今現在療法食を食べていてもよくなってきていないということであれば、療法食の種類を変えてみるのもいいでしょう。
色々なメーカーさんから療法食は出ており、代表的なものだけでもc/d、pHコントロール、ストラバイトケアなどがあります。
それからサプリや漢方に関してはまだまだワンちゃんではっきりしたデータの出ているものはありませんが、クランベリーは尿中のpHを正常にさせる効果があるといわれており
、ストらバイト結晶の子にはよく使います。クランベリーのサプリメントを試してみるのはいいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。少しホッとしました。


今は療法食ではなく、無添加の良いフードを食べさせています。


療法食は使ったことはありますが、どうも塩分を多くして水を飲む量を増やすっていうやり方に疑問が残るので・・・。


PHを下げるためにメチオニンを昨日から投与したところ、急にPHが下がりました。


これも、1週間試すことになっています。


徐々に薬なども減らす方向で獣医の先生と相談中です。


ありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。
確かにpHコントロールはそういった傾向があるようですね。
c/dではそういうことはありませんが。
メチオニンでうまくいくならそれで問題ないかと思います。
また何かあればご相談ください。
お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問