JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5271
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

11才の膵炎を発症したシェットランドシープドックについての薬の質問です。 四年前より内視鏡の診断によりリンパ管拡張

解決済みの質問:

11才の膵炎を発症したシェットランドシープドックについての薬の質問です。
四年前より内視鏡の診断によりリンパ管拡張症と診断されステロイドの量をコントロールしロイヤルカナンの低脂肪消化器サポートをえさとして治療を続けて参りました。以前は2.5ミリグラム/1回/3日でしたが、半年前よりアルブミン値がさがったため六君子湯、 ウルソ、ステロイドを増量し5ミリグラムと2.5ミリグラムを1日毎に繰り返し投与してアルブミン値2.5~3  コレステロール値200前後、Ca10前後ALP1000以下、Amy1000,GPT100を保ってきました。
ところが三日前急に嘔吐が始まり、1日目は食物残渣とガーレを5回くらい嘔吐し絶食で様子をみていたのですが2日目に入ってもおさまらないので獣医師に診ていただいたところ、膵炎で胆嚢が腫れたのではといわれ(犬特異的リパーゼ700)、現在絶食、絶水、生食にチエナム、ガスター10ミリを点滴にて投与されています。
膵炎の原因ははっきりしないがステロイドが起因することもあるので、投与しないで様子を診たいと獣医師はおっしゃっているのですが、2日目の夜より下痢が始まり、抑えられていたリンパ管拡張症が悪化するのではないかと心配しています。
私が調べたところ人間ではステロイド起因による膵炎は否定的であるそうですが、犬は違うのでしょうか?
このままステロイドは投与しないほうが良いのでしょうか?
どうぞお教えください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることをご理解ください。

追加の情報や質問があれば書き込みをお願いします。


膵炎の原因については人間も犬も様々なことが言われています

ステロイドも要因としては膵炎を起こさせる原因の一つと考えられていますが
断定はされていません。

しかしながら膵炎は高脂血症が誘引の一因であるとされています。

そこから考えるとステロイドを使用すると高脂血症になりやすい副作用はありますから
当然として中止はすることが多いでしょう

肝臓酵素が高いことからも、一旦中止というのは当然の処置です

膵炎が現時点では最優先事項なので、先生の判断を信じるしかないでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

 返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。


今まで病院に行っておりました。


ようやく 嘔吐も治まりましたが、水溶性下痢が始まりAlb値が2.0と急激に下がりました。CRP値も下がってきております。


 肝酵素が高いからステロイドを下げるのは当然との回答でしたが、理解できないので詳しくお教えください。


お願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
肝臓酵素が高いということは肝臓が障害されているということです

膵炎を起こすとさらに肝臓に負担がかかることやステロイドで肝臓酵素の

両方で肝臓酵素がさらに上昇すると肝臓への負担が増えて
肝臓機能が障害される可能性があるからです

肝臓酵素が上昇して、肝機能が低下、最悪は肝硬変になります

また再生能力をステロイドは抑制するので、膵炎の治癒が遅れます

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問