JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳オスミニチュアダックスが、10日前特異的リパーゼ検査で軽度炎症でした。しかし再び食欲不振でいまいちな様子なので

解決済みの質問:

15歳オスミニチュアダックスが、10日前特異的リパーゼ検査で軽度炎症でした。しかし再び食欲不振でいまいちな様子なので採血をすると、アミラーぜ1788、リパーゼ638で前回の1750、392よりあがってしまいました。その他、総コレステロールが最大に低くなり187になり、最近altが75、そして10日前に181に上がり、今回で154にすこし下がりましたが、r-gtpも14から16と基準をこえてしまいました。ただ肝臓に関しては去年より落ち着いていたり、いなかったりであまり変化なしです。alp以外は良い時も有ります。BUNも少し高くなってしまいます。気をつけてはいますが。症状が食欲不振だけです。点滴をしてもらうと落ちつくようで、食べたがります。でもこの10日薬をいただかず、食べてしまい、気がつくと数値も食欲不振も悪化させてしまいました。膵臓に関してまだ回復して健康に戻れる余地はありますか?何か怖い病気とかですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

お話を聞く限り慢性膵炎によるものである可能性は高いと思います。
血液検査の数値としては全体的にそれほどひどく悪いものはないので、点滴とお薬、それから低脂肪食によってコントロールしていくのが一番かと思います。
まだまだ、元気に戻れる可能性制は十分あると思います。

それからCRPが0.5というのは軽度の炎症があるとみてもいいかと思いますが、一応正常範囲ないですし、軽い胃腸炎があるだけでもそれくらいにはなるので、特に気にするような数値ではないと思います。

膵炎は脱水や嘔吐、高脂肪食で悪化していくことが多いですので、やはり食べなければ点滴は必要ですし、それ以外に嘔吐があればセレニアのような強めの制吐剤、それから消化器サポートの低脂肪やi/dなどの低脂肪食も膵炎には効果的ではあります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

点滴とお薬これは一生継続ですか?これは食欲の回復、症状の回復が長期にわたれば、薬や点滴をしなくても大丈夫ですか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
点滴に関しては元気食欲が落ち着いていれば一生続けなければならないということはないです。
お薬に関しては、中には続けないといけない子もいますが、こちらも切っていけることは多いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


もうひとつだけお願いします。今日の30時間空腹現在から数時間後、おそらく8時間後位、食べたいそぶりがあれば、食事させても大丈夫ですか?それとも先に点滴に行くのが安全ですか?犬用の消化酵素と低脂肪の食事は手元に有るのですが。早朝からどの様に行動すれば良いですか?家で様子をみて食べさせていただいた3日分の薬を与えるのが先で、また食欲がなさそうなら病院へ行って点滴で良いですか?確認したいのでよろしくおねがいします。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

それに関しては明日の朝一で病院に相談してもらうのが一番だと思います。
私は個人的には食べさせて大丈夫だと思いますが、診察していない以上、ここで結論を出すよりは主治医の先生に相談してもらった方がよりよい結論が出せると思いますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問