JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16歳10ヶ月のマルチーズを飼っています。昨年8月に乳腺腫瘍が見つかりました(1.2㎝位)。それまで気づかずにいたの

解決済みの質問:

16歳10ヶ月のマルチーズを飼っています。昨年8月に乳腺腫瘍が見つかりました(1.2㎝位)。それまで気づかずにいたので、いつ頃からできはじめたのかはわかりません。その時から現在まで経過観察をしながら、定期的にかかりつけの信用できる病院に通院しています。乳腺腫瘍は良性か悪性かはとってみないとわからないということや、確率的には半々ということも重々承知しております。
現在、少し大きくなっています。(1.5㎝強?) 良性でもしこりは大きくなっていくようなので、できることなら手術をして取り除きたいと思いますが、問題は高齢ということや心臓も弱くはなってきているようです(生活には支障をきたしていませんが)。現在、足腰は弱くなってしまいましたが、食欲はあり、便や尿も今まで通りです。でも悪性だった場合や良性でもしこりが大きくなって負担になるようであるならば、比較的元気な今、手術に賭けてみてもいいのかと迷っています。
また悪性の場合には、どの位のスピードでしこりが大きくなっていくのか、そして他にどういう症状が現れるのか教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

だいたいのことはご理解いただいているようですね。
飼い主さんがご理解いただいていることは重要です。

まず、悪性腫瘍の中でも、悪制度は違うので一概にどの程度のスピードで大きくなるということはできません。
ただし、かなり速い場合は、一ヶ月くらいで拳大くらいまでなることはあります。

乳腺腫瘍は良性悪性にかかわらず、若い子であれば、早めの手術をオススメはします。
ただし、お年の子では、麻酔のリスクと腫瘍の大きくなり方で判断して行くことが多く、実際に、結果論でしかどちらがいいかわかりませんが、おおきくなってこないのであれば、無理して手術をすすめないことがおおいです。

悪性腫瘍では一番多いのは腫瘍が大きくなりすぎて自壊したり、出血することです。
他にはリンパ節に転移をすることが多くその場合は手足のむくみが出てくることも多いです。
肺への転移はかなり大きくならないと症状が出ないことが多いですが、咳や呼吸困難を起こすことが多いです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

質問に対してのわかりやすいご回答、ありがとうございます。1点だけご意見を伺わせていただければ助かります。ちなみに先生ならば、私の犬について、この半年でのしこりの大きさの変化、体調面などからどう考えられますか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

実際に診察してみると意見が変わる可能性がありますが、心臓、腎臓に問題がないのであれば、短時間で済む部分摘出(しこやだけとる)をして、悪性良性を見て見ると思います。

犬 についての関連する質問