JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ちわわ オス7歳です。ストルバイトとシュウ酸の結晶がみつかり、ロイヤルカナンのPHコントロール療法食を一か月を食べ、

解決済みの質問:

ちわわ オス7歳です。ストルバイトとシュウ酸の結晶がみつかり、ロイヤルカナンのPHコントロール療法食を一か月を食べ、約1か月後に、尿検査をしたら、鮮血・結晶・他・すべて消えて、PHも8.0あったのが、4.7と酸性に傾いていました。それでも療法食を続けるように言われ、たべさせていますが、いろいろ調べると、非ストルバイト結石は、酸性になるとできやすい、またナトリウムを制限したほうが良いとききます。また去勢手術をして1年たっていないので、太りだし、上記療法食のライトを食べさせています。ライトはタンパク質やナトリウムが普通のPHコントロールより多く脂肪だけは少なくなっています。このままPHコントロールライトを食べさせ続けてよいのかどうか悩んでいます。ストルバイトより非ストルバイト結石にはならせたくないし、肥満も予防したいし、何を与えたら良いのかに悩んでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにそのpHはかなり低いですね。
pHコントロールはpHをあげすぎず下げすぎずというのが売りですが、それをたべていて低くなりすぎてしまうとなるとシュウ酸カルシウムのリスクは出てきます(ストラバイトに比べシュウ酸カルシウムはpHの影響は受けにくいですが。)。
それから肥満などのことを考えているのであればw/dなどもお勧めです。
こちらは主にストラバイトを考えたお食事ですが、pHコントロールよりマイルドですし、どちらも出てしまうという子で、肥満も気になるという子には時々使うことがあります。

一度相談して見るのもいいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

さっそくありがとうございました。PHは4.7ではなく5.5でした。まちがえて記憶していました。


w/dも考えて成分を調べたりしました。でもナトリウムの量がわかりません。


シュウ酸カルシュウムやストルバイトの予防のためには、タンパク質、ナトリウム、リン、マグネシュウム、カルシュウムを


どの程度(% グラム)に制限したらよいのか教えてほしいです。高齢犬の健康維持できる栄養のバランスもあると思うのです。w/dはタンパク質がかなり少ないようですが・・・・。どうなのでしょう

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

まずw/dの成分は成分:単位/100Kcalあたり
蛋白質5.8g、脂肪2.7g、炭水化物15.9g、繊維5.0g、カルシウム204mg、リン170mg、ナトリウム68mg、カリウム217mg、クロライド143mg、マグネシウム27mg、カルニチン11mg
になっています。

こちらはpHコントロールです。タンパク質 20.4g、脂肪 17.3g、食物繊維 5.8g、灰分 7.3g、水分 9.7g、炭水化物 44.9g、カルシウム 0.7g、カリウム 0.81g、リン 0.71g、マグネシウム 0.05g、鉄 14.15mg、銅 1.53mg、亜鉛 22.70mg、ナトリウム 1.22g、EPA+DHA 214mg、L-カルニチン-タウリン 0.21g、アルギニン 1.17g、ビタミンE 10.2mg、ビタミンC-ビタミンB群 6.04mg、単位/400kcal
代謝エネルギー:393kcal/100g


それからアメリカのペットフードの研究機関AAFCOによる標準栄養許容量と体重1キロあたりの犬の栄養要求量というのがこちらに乗っています。http://www8.ocn.ne.jp/~nuts/food/balance.html


w/dでは100Kcal中にナトリウムが68㎎、pHコントロールでは100Kcal中にナトリウムが305㎎となり、かなり違います。
すべての成分でどれくらいの制限が必要かはわかっていませんが、嗜好性を保ちつつ、ある程度の制限ができるといいです。
基本的にはpHをうまくコントロールできてタンパク質、リン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウムをある程度制限できるということですが、具体的な数値は決まっていません。
経験上、w/dはどちらにもうまく作用してくれます。
ただし、高線維食ですので、便の量がかなり増えるのが難点です。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問