JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

11歳の柴犬メスを飼っています 私は東京在住、一人暮らしで会社員 仕事の日は10時間ほどひとりで留守番をさせてい

解決済みの質問:

11歳の柴犬メスを飼っています
私は東京在住、一人暮らしで会社員
仕事の日は10時間ほどひとりで留守番をさせています

お尋ねしたいのは昨年11月中旬に突如、不安症が出るようになったこと
それまで仕事に出るときは何も変わった様子なく布団に寝ていたのですが
その日を境に、玄関に向かうタイミングで一緒に玄関までついてくるようになり
その場でガタガタ震え出しオシッコするようになりました

部屋ではトイレの習慣はなく、そのオシッコも行かないでくれのアピールのような気がします
ちなみに私が休みのときや家にいるときはまったくその症状は出しません
困ったのはここ最近になって、1時間もしない外出や買い物のときまで様子がおかしくなりました

この短時間外出の場合は出かけのときは普通にしているのですが
帰ってきたときに布団の上で呼吸がものすごく荒くなっていて
そのハァハァいっていた蒸気で布団が湿るくらい激しい呼吸です
1時間ほどの外出のあいだ、ずっと荒らい呼吸が続いていたのでは…と思うほどです

整理すると――
長時間外出の際は、出かけ時に震えとオシッコ→帰ってきたときは普通の状態
短時間外出の際は、出かけ時は普通の状態→帰ってきたときに震えと激しい呼吸 ――です


ちなみに1年前、東京に降った大雪のとき
まわりの木や屋根から落ちる雪音でパニックになったことがあります
そのときは行きも帰りも怯えた仕草は一切出さず
留守中に部屋のものを破壊する行為をしていました(破壊行為は先にも後にもこのときだけ)

壊したものは――
台所の戸棚の中身…奥のほうのものまで引っ張りだしてこなごなに
あたりにはオシッコのあとも
テレビ付近…木製のテレビ台をかじる、テレビ、ステレオのコードをひきちぎる
ベランダ付近…植木鉢をこなごなに

それを境に3か月近く留守中床にオシッコのあとがみられましたがそれ以降はやみました

もう一度整理をすると
昨年1月にパニック→4月まで留守中オシッコを度々(しばらくなにもなく)11月に不安症状が出始め今に至る です


以上のことをかかりつけの先生に相談したところ
昨年のパニックは雪音の恐怖心によるもの
最近の不安症は加齢によるものでは? といわれましたが
何分はじめての経験ゆえ、私自身どう対処していいのか悩みあぐねています

どうかわかる範囲でよいので診断をお願いいたします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

加齢以外に、検査でひっかかったものはありませんでしたか?

柴犬で高齢ですので、脳の問題、とくに認知症は多く感じます。

不安を抑えるサプリメントや、栄養剤などを試してみてはどうでしょうか?

実際には、脳のMRIの検査をしてみないと、はっきりしたことは分かりません。

 

また、不安に対するお薬もあります。ただし、肉体的な異常がないかどうかを主治医にしっかりみてもらってから、始めるということになりますし、都内にお住まいでしたら、できれば、東大の行動治療を紹介していただくと、いいですね。

行動治療はなかなか文面だけでは、こまかなニュアンスがつかめないので、面と向かって、カウンセリングをするのが、早く解決します。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


以前、不安症を抑える薬のことを先生に相談したところ とりあえず様子みてみましょうと言われ、そのとき多分薬は必要ないでしょうとも言われてました 困ったのは、小さい頃からかかっていたその先生が現在、足を手術されて入院中ということ


診察してもらいに行けずどうしようか思っていたところ、このサイトをみつけ相談することにしてみました 東大病院のことを調べてみたところ個人でもお願いできるみたいだったですが やはり主治医の推薦状とか必要なのでしょうか


あと気になってしまったのが「脳の問題」 留守時以外、いたって普通なのですが年齢を考えたら認知症は確率として低くはないということでしょうか


症例を多くみてきていらっしゃるので、11歳柴犬のありうる確率を教えていただけたらありがたいです


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

基本的に大学病院は二次診療施設ですので、主治医の紹介が必要ですが、行動治療に関しては、一般に、門戸を開いているのかもしれません。直接問い合わせしてみてください。

その際に、身体検査や血液検査などが必要ということなら、事情を話してみるといいでしょう。

柴犬は比較的認知症が多いので、その年齢と症状なら、十分考えられると思います。ただし、認知症だけではないと思いますので、行動治療によって、解決する部分もあるとは思います。

大学での診療で不安症が疑われるなら、お薬の処方があるかもしれませんが、肝臓や腎臓などの基礎的な検査データが必要ということで、処方を見送る可能性はあります。

ちょうど、東大では老齢犬の研究をしていますので、いいタイミングだと思います。

犬 についての関連する質問