JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

今年9歳になる柴犬です。半年前から皮膚の一部の毛が抜け、黒く変色し始めました。獣医さんに診せましたが、ダニが原因との

質問者の質問

今年9歳になる柴犬です。半年前から皮膚の一部の毛が抜け、黒く変色し始めました。獣医さんに診せましたが、ダニが原因とのことで何度か注射をし、塗り薬も塗ってはいますが、症状はひどくなる一方、今では左足及び前胸からお腹にかけて、口のまわりの皮膚が黒くただれた状態に。獣医さんには見せていますが、はっきりした原因がわからないらしく、毎回塗り薬しか対策がないようです。このままでは全身の皮膚が爛れてしまうのでは、ととても心配です。獣医さんには鶏肉アレルギーとは言われましたので、鶏肉は一切与えていません。ほかにも何かアレルギーが原因なのでしょうか。
いつもか痒そうでとてもかわいそうです。何とかしてあげたいのですが…。どうぞよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
9歳の柴犬の皮膚病についてですね。
少々お伺いしたいのですが、
原因がダニとのことですが、何か検査をされた結果ダニが検出されたのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事いただいておりませんが、分かる範囲でご説明させていただきます。
9歳とご高齢なので甲状腺機能低下症などの内分泌疾患の疑いがないかどうか検査する必要があると思います。
食物アレルギーの疑いがあるのであれば、z/dや低分子プロテインなどの食事に変更されることをお勧めします。
その他の治療方法として有効と思われるものは、シャンプー療法です。
モメタオティックを約3㏄位全身の症状のある部分に塗ってあげて5分後にマラセブシャンプーという抗真菌剤入りのシャンプーでよる泡立てて洗い10分位置いてから十分にすすぎます。その後ドライヤーを使わずタオルで十分に拭いてあげて、最後にダームワンというセラミド配合ローションを万遍なく塗っていただくということを週に1回していただくことを繰り返すことで4週目位から改善がみられ8週目位にはかなり改善します。
代謝性疾患の可能性を先ず除外されてから、お試しになられるとよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

さっそくのご返信ありがとうございます。もう少し詳しくお伺いさせてください。


まず、ご質問の ダニが原因というのは、獣医さんが、皮膚を調べたところダニがいたので、これが原因でしょう ということでした。


また代謝性疾患の可能性 というと、先にお話しされた 甲状腺機能低下 のことでしょうか。では、もしこれが原因ならばどのような対処法があるのでしょうか。


どうぞよろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
皮膚検査にて検出されたダニとはニキビダニ(あるいは毛包虫、アカラスともいう)のことでしょうか?
それから申し訳ないのですが、こちらからのご返事が夜中になってしまいます。遅くとも明日朝までにはご返事させていただきます。
それまでお待ちいただけますでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。次回のご返信は、特に急ぎませんので、明日のお手すきの際によろしくお願いします。


 


まずダニについては、どの種類かは、はっきりと覚えていません。とにかくダニが原因なので、10日ずつあけて、3回ほど注射をして、いまはもうダニはいないということになっています。


 


どうぞよろしくお願いします。


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れまして大変申し訳ございません。
10日ずつ開けて3回ほど注射して治療されたということですね。その場合はやはり毛包虫という毛穴に寄生するすごく小さなダニ(顕微鏡で見ないと分からないニキビダニといいます)の可能性が高いです。この毛包虫は他の犬でも寄生していますが症状は普通はでません。何らかの原因によって免疫や代謝が低下した場合などに症状(痒みや脱毛など)が発症します。そのため1歳未満の若い犬や老零犬で症状がでることが多いです。
飼い主様のケンちゃんはまだ9歳なので高齢ではありますが老齢とは言い難いです。そのため何か基礎代謝が低下する病気や免疫系の異常などの病気が基礎にある可能性が考えられます。その代表的なものが甲状腺機能低下症という代謝に関係する甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。特徴は運動するとすぐ疲れる、肥満気味、体で特に顔にむくみが生じることでよく悲しげな顔になると言われます、脱毛や感染のリスクなども生じます、また血液検査では軽度貧血、コレステロール値の上昇がみられることが多いです。最終的には血中の甲状腺ホルモン濃度(fT4、フリーティーフォー)を測定して確定診断します。
もし甲状腺ホルモンの低下が見つかった場合には甲状腺ホルモン剤を1日1-2回飲ませてあげることで甲状腺ホルモンを増やすことができます。しかしこれにより病気が治ることはないのでお薬は生涯投与になります。
まだこの検査をされたことが無い場合には一度調べることをお勧め致します。
他にも体の代謝異常がないかどうか一度全般的な血液検査をされておかれることをお勧め致します。
また毛包虫感染はなかなか落ちづらいですので、治療終了後も定期的に皮膚のかきとり検査にて再感染が生じていないかどうか調べることをお勧め致します。
感染症の治療やホルモンの治療など必要ならばされた上で症状が良くならない場合、特に脂漏性皮膚炎(触るとべたべたする感じ)の場合には一番最初にご説明したシャンプー療法をすることで皮膚の黒ずみやべたべたがとれて症状の改善が認められます。
モメタオティックは体重10kgの犬に対して3ccを限度に使用していただき、その後マラセブシャンプー(抗真菌剤入りのシャンプー)でよく泡立てて10分おいてからよくよくすすいでください(シャンプーの成分が残ると痒みを生じます)、その後ダームワンというセラミド配合のローションをたっぷりすりこんであげて下さい。週1回の割合で4回目位から効果がではじめ8回目位で皮膚がピンクになります。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。近いうちに血液検査をしてみようと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
皮膚病の原因が皮膚以外のところにあることもありますので、まずは基礎疾患が無いかどうかを調べてあげて下さい。
ケンちゃんの痒みがなくなることを願っています。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問