JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして 9歳4カ月の雄のポメラニアンです。去勢手術はしていません。 かかりつけの医師から会陰ヘルニアと診断

解決済みの質問:

はじめまして
9歳4カ月の雄のポメラニアンです。去勢手術はしていません。
かかりつけの医師から会陰ヘルニアと診断されました。
現在は食欲もあり元気で散歩の大好きな犬です
外見からは肛門脇が多少出ているようにも見え便通も出にくい日もありますが
毎日あります・
医師からは手術しか治療法はないと言われましたが内科的治療とか他に良くなる方法はないのでしょうか・?手術の場会入院は何日ぐらいで術後の経過は良いのでしょうか・?

9年間全く自宅から外での生活はしたことなく幼児期に股関節の具合も悪かったこともあり
入院によるストレスや手術中の脚への影響が気になります 。
 
アドバイスよろしくお願いいたします  八王子 R.N
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

まず、会陰ヘルニア自体はやはり手術をしないと良くはなりません。
というのも会陰ヘルニアはその部分の筋肉が委縮してしまい、その部分に腸が入り込んでしまっているものなので、お薬などを使っても出てきている腸を押し戻しても再度出てきてしまうだけですので、その部分を縫い縮めるしかありません。

ただし、会陰ヘルニアは軽いものであればそのまま放置していても何も問題なく生活を送れる子もいます。
問題はまだ9歳と若いので、今後ヘルニアが大きくなれば排便困難を起こす可能性があり、その時には年齢的にも麻酔のリスクが今よりは高くなりますし、会陰ヘルニアは大きくなればなるほど手術も難しくなります。

今現在の状況を実際に診てみないとどちらがいいとは言えませんし、実際に診てもどうなるかは100%のことは言えません。
手術しないことのメリットデメリットは上に書いた通りです。
それを踏まえたうえで手術をするのかそれとも、様子を見るのか(様子を見る場合は3~6か月に一度は検診を受けてヘルニアが大きくなってきてないかどうか見てもらっておいた方がいい(もし大きくなってくるなら早めの手術をお勧めします)かと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問