JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5479
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

膀胱結石の治療について うちで飼っているトイプードル(メス3歳)が膀胱結石と診断されました。 レントゲンでもエコ

解決済みの質問:

膀胱結石の治療について
うちで飼っているトイプードル(メス3歳)が膀胱結石と診断されました。
レントゲンでもエコーでもしっかり写っており間違いないです。大きさが10-15㎜くらいあり比較的大きいみたいです。現在の症状は血尿、頻尿、おしっこの時間が少し長い、です。
尿検査からはストルバイト結石の可能性があり、結石溶解剤と療法食、抗生剤、止血剤をいったん処方されましたが、手術を考えた方がいいかもしれませんと言われました。
たまたま避妊手術をしなければと思っていたこともあり、そのことを告げると術野が比較的近いので一緒にすることも可能ですと言われました。
結石が大きいこともあり、きちんととけるかどうかわからないこと、それまで症状が続くかもしれないこと、避妊手術してからまた手術となることは避けたいことなどを考えると思い切って一緒に手術した方がよいのかもと思ったりするのですが、ご意見いただけると有難いです。以前に飼ってた犬が手術(幽門狭窄症)で術後亡くなったことが記憶にあり、どうしても手術ということに少し抵抗あるのも事実です。しかしながら一番良い方向性で考えたいと思い、質問させていただきました。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

有る程度の大きさになった膀胱結石は溶けるタイプでも経験で溶けることは
ありませんでした。

そういう意味では手術で膀胱結石は取り除く必要があるでしょう。
膀胱結石があることで、膀胱炎を繰り返したり膀胱粘膜を傷つけるので
結石は無い方が良いですよ

今回はお腹を開ける手術で避妊を同時にするのであれば良い機会だと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.

さっそくの御返答有難うございます。


やはり手術の方が確実ですか?膀胱結石の手術というと膀胱を切開して結石を取り出すといわれたのですが、リスクとしてはそれほど高くないものなのでしょうか?避妊手術と一緒にすることでの負担はそれほど考えなくてもいいものなのでしょうか?


膀胱結石を手術して取り除いた後の再発は高いのでしょうか?(もちろん療法食など対処は必要と思いますが)特に膀胱を切開して取り出すことの後遺症というのはあまり考えなくてもいいのでしょうか?


たくさんお聞きしてすいません。なにとぞよろしくお願いたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
膀胱結石の手術はそれほど難しい手術ではないですし、リスクも低いと思います

良く行われる手術ですので、慣れた先生なら避妊と一緒に行うことに特に問題は
ないと思います。

膀胱結石は再発しやすい病気なので、再発の可能性は十分にありますが

現時点で食餌でコントロールできていれば再発する可能性は低いでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.


有難うございます。


あと一つお願いします。再発予防なのですが、療法食はやはり必須でしょうか?おやつなどもかなり気を付けないといけないものでしょうか?個体差あるので何とも言えないのかもしれませんが。御教示いただけると嬉しいです。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
食餌療法は必須です。おやつをわずかでも食べると再発する場合もかなりありますので
おやつは与えないことをお勧めます。

おやつは別のメーカーのストラバイト予防食などにすると良いでしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問