JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

宜しく願いします。17歳になるポメラニアンがおります。 現在クッシング病と診断され薬を服用しています。目も見え

質問者の質問

宜しく願いします。17歳になるポメラニアンがおります。

現在クッシング病と診断され薬を服用しています。目も見えていません。
もう立つことが出来ず前足の関節は外開き後ろ足はクロス状態です。

質問したいのは寝ている時以外常に怒った感じの興奮状態で吠え続ける事です。いろいろご飯やお水、トイレかと思い試すのですがおさまることはなく吠え続けます。
特にひどいのはご飯を食べた後です。吠えることをかかりつけの病院に相談しセルシン錠を使用するようになりました。確かに眠りにつき静にいてくれますが数時間で目が覚めその後は食欲が増進されまた吠えるの繰り返し。になります。最近は深夜もこの状態ですので犬本人の体調、家族の体調も心配です。何がおこっているのか、どうすればいいのか、良きアドバイスをお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

その症状はいつから出てきましたか?悪化してきていますか?
また、それ以外にふらつきや目が揺れる、食べ方が変わったなどなんでもいいので最近かわったことはないですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご連絡有難うございます。


症状が出始めたのは半年位になります。


特にふらつきや目が揺れるような事はないように思います。


大きな変化は他に特にみられません。


 


食べ方はセルシン錠服用後は異常にガッツキますがそれ以外は変化は見られません。要求にいろいろと答えようとしますが何をしても泣き止まず自ら睡眠につくことは少ないです



肝臓に影響が出る場合がセルシン服用にあると聞いていますのですこしでも違う形で落ち着かせてあげたいのですが・・・


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

お話を聞く限りでは、年齢に伴ういわゆる痴呆なのか、もしくは脳の病的な異常の可能性どちらも考えられます。
脳の病的な異常の場合は、脳腫瘍や脳炎などの可能性もありますが、進行してきていないのであれば、脳梗塞の可能性が高いと思います。
クッシング症候群では血栓症を起こしやすいので、脳血管の一部に血栓塞栓を起こして脳梗塞を一時的に起こした可能性があります。
大脳の一部に脳梗塞がおこると性格の変化がおこることがあります。

ただし、それがあった場合にもできることは限られています。
食後にひどくなるのであれば、食事で少し興奮して脳圧が上がってひどくなっているかもしれませんので、脳圧を下げるお薬(イソソルビドなど)を使うと多少ましになるかもしれません。

それから睡眠薬に関しては、セルシンよりもアセプロマジンの方が効果が長く、肝臓への負担も少ないです。
心臓や腎臓が悪いと血圧が下がってしまうことがありますが、一度試して見るのもいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧にご指導頂き有難うございます。


最後に一つ気になる事があるでのお願いいたします。


 


排便は自力で出す場合もありますが固くて出にくい場合本人が気にしているので私が肛門を少し触り出す事があります。


固い場合牛乳(低脂肪)のものを少量使ったりしますがそれでも無理な場合私がそのようにしてだします。


それが原因かどうかはわかりませんが常に尻尾をあげお尻を突出し吠え叫びオナラをすることがあるのですがやはり興奮状態でほえています。


何か関係があるのでしょうか?


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
ご質問が再投稿されましたので、
先の先生に代ってお答えさせていただきます。
排便が自力でスムーズにできないということですね。ポーズからすると便秘の可能性が考えられます。
確かに脳の問題で、認知症などが出ている可能性もありますが、それ以外に宿便(便秘のひどいもの)が原因で不快感を感じている可能性も症状の悪化の原因の1つの可能性があると思います。
便秘による血中アンモニア濃度(100以上だと異常)の上昇が意識レベルの変化に関係することもあります。
高齢なのでいろいろ検査して負担になるのはなるべく避けたいところですが、できれば血液検査とレントゲン検査はされた方がよろしいかと思います。行動異常につながる可能性のある異常が見つかれば治療することで症状が多少なりとも改善することが期待できます。
必要であれば便を軟らかくするラクツロース(2糖類で水あめみたいなもの、吸収されないので便を軟らかくできる、)を食事に混ぜるなどすることで、便が出しやすくなることもあります。
一度検査されてみて必要ならばご検討されてみてはいかがかと思います。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答有難うございました。


先生方の意見をかかりつけの病院に相談し


検査、薬の相談をもう一度してみたいと思います。


 


長くない命ではありますが


きちんと向き合い少しでも不安を取り除いてあげるように努力したいとおもいます。お忙しい中本当に有難うございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
高齢ですし言葉もしゃべれないので体調がよくないときは、ご心配がつのると思いますが、
大切な家族なのでなるべく苦しくないようにしてあげたいですね。
なにを訴えているのかが分かれば対処の仕方もあると思います。
なるべく負担にならないようにして、検査や治療をしてあげて下さい。
お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問