JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックス 16才のオスです。 去年10月末に最初の癲癇の発作を起こし、2度目は12月末、そして昨晩午前3

解決済みの質問:

ミニチュアダックス 16才のオスです。
去年10月末に最初の癲癇の発作を起こし、2度目は12月末、そして昨晩午前3時ごろに軽い痙攣を起こし今午後4時ごろまた軽い痙攣をおこしました。痙攣の後は目がうつろで足腰がしっかりせず、部屋中をふらふらしながら徘徊し、狭いところ狭いところへ行きたがります。
行きつけの獣医さんももう本日は終わり、月曜日まで連絡がつきません。
最初の痙攣の時獣医さんから、痙攣止めの薬としてダイアップという座薬をいもらっています。2回目の発作の時は薬使用しましたが、それ以降は使っていません。
今まだふらふらしています。どうしたらいいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

明日の土曜日も診療を受けられないということですね。

その状況だと、今晩や明日も、もっとひどい発作を起こしそうです。

できれば、別の違う動物病院に、今日中に診察をしてもらった方がいいでしょう。

ダイアップは一時的に使うもので、発作を長期には抑えることはできません。長期に使える薬を、新たに処方してもらったほうがよさそうです。

また、高齢になって始まった発作だとすると、単なるてんかんではなく、脳腫瘍などによる二次的なてんかんのような発作と考えたほうが自然です。

その場合には、脳の炎症を抑える薬が必要になるでしょう。

今の脳の状態が、腫瘍によるものなのか、炎症によるものなのか、または、心臓やその他の内臓に異常があって起きているのか、各種検査が必要でしょう。

ベストはMRI検査です。しかし、全身麻酔が必要ですし、高額で、しかも、地域によっては検査できるところが遠すぎるかもしれませんが。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問