JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

先程、書き込みをした者です。 タブレットからでしたのでPCにいどうしました。

解決済みの質問:

先程、書き込みをした者です。
タブレットからでしたのでPCにいどうしました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

本来は糖尿病の子は糖尿病用のごはんにするべきですが、一度に急に変えてしまうと食べ亡くなる子もいますし、腸の状態が追い付かずに嘔吐や下痢の原因となります。
しかも、食べないとインスリンを打ってしまうと低血糖の恐れもあるので、食べなければまずはもともと食べていた食事をメインにして糖コントロールを混ぜていきつつ、徐々に糖コントロールの割合を高くしていってもらうといいでしょう。

それから糖尿病食にはほかにもヒルズのm/dやw/d、ユカユバのRアシストなどいくつかありますので、糖コントロールではないといけないということではありません。
これらは処方食ですので、病院でしか買えませんが、一度病院でほかのごはんを出してもらうよう相談されるといいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

フードの事でなく・・・


回答は昨日獣医さんに来た事と同じです。


この子は、他にも悪いところがあり、まずは、貧血と、おデブで、後ろ足のひざにも問題ありで、ひざの為のサプリには脂肪が多いとか言われるし貧血の為のレバーは食べさせてわいけないのか、フードに頼りっぱなし出はなく、私が作ってやれる物はないのか?


インスリン」を投与していれば食べ物事態にそれほどこだわらなくても良いものかとかそのような回答が欲しくて・・・

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
先日の質問のリンクなどが何ものっていないので、申し訳ありませんが、ほかにご質問があるのであれば具体的に書いていただけるとありがたかったです。
おそらく新規に登録されたのだと思いますが、前の質問の情報はどこを見てもありません。

手作りフードは可能ですが、手作りフードにするのであればきっちりした栄養管理が必要になります。
ですので、これをあげておいたらいいというものではなく、文面だけで手作り食を指導することは不可能です。
ただし、たとえば糖尿病食と併用するのであれば問題ないかと思います。
基本的には炭水化物があまり多くないものであればドッグフードと混ぜて与えてもらってもいいので、鳥のささみをゆでたものやキャベツなどの野菜のゆでたものは大丈夫です。

食事に関して、理想的にはインスリンと食事療法を併用するのが一番です。
これは人のほうでもそうですが、できるだけ血糖値を急にあげないようにするためには糖尿病食が一番になります。
通常職でもインスリンのみで糖尿病のコントロールは可能な場合もありますが、不安定になりやすいので、通常は処方食と併用することをお勧めします。
ただし、通常のお食事で絶対に出来ないということではないので、どうしても処方食を食べないんのであれば通常のお食事でもいいでしょう。
できるだけ、いろいろな処方食を試したり、処方食を野菜や肉と混ぜて食べてもらったりと工夫してもらってそれでもだめならということになりますが。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問