JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ラブラドール、オス、11歳です。 昨年、冬(日が暮れるのが早くなった頃より)から、 朝ごはんを要求して、早朝

解決済みの質問:

ラブラドール、オス、11歳です。

昨年、冬(日が暮れるのが早くなった頃より)から、
朝ごはんを要求して、早朝より鳴くようになりました。
初めは5時ぐらいでしたが、最近では3時ぐらいから鳴きます。
激しく鳴くのではなく、一定の間隔をおいて『ワン!』といつまでも鳴きます。
ご近所迷惑になるので、早い時間でも餌をやっていますが、そう言うときは、また、
五時ごろになると、同じように鳴きだし、家の者が起きるまでないています。
散歩は、朝一回。餌は、朝と夕方。
日中は、寝ています。
どうしたら、夜中から、鳴くことをやめさせられますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

まずは、大型犬で超高齢ですので、病気がないか、主治医に全身の健康診断をしてもらってください。

疑わしい病気は関節炎、脳疾患、泌尿生殖器疾患です。

これらがあると、痛みから鳴くことがあります。

最初はこれらに関連したことから鳴き始めたものと推察されます。

しかし、今は、「鳴くと飼い主様が現れ(ご褒美)、さらに食餌がもらえる(さらなるご褒美)」という構図ができあがり、鳴くという行動を「強化」しています。

主治医と相談して、就寝時の夜に精神安定剤を内服させると、朝まで寝てくれているかもしれません。

主治医の診察で、心臓疾患がなく、関節炎の疑いがなさそうという判断ならば、夜寝る前に1時間くらい、疲れるくらいの運動をされると、疲れて、朝まで眠りやすいです。ただし、超高齢ですので、最初は30分くらいから始め、徐々に長く、負荷をかけていくようにしましょう。

飼い主様の時間をとられる分、朝のお散歩を短く調節してもいいでしょう。

また、栄養状態が問題ないなら、夜は食物繊維の多い専用食を動物病院で処方してもらい、夜の食後は満腹感が出るようにするといいかもしれません。ただし、食後に運動は禁物です。胃がパンパンになってしまう病気がラブラドールには多く発症するからです。主治医に食餌、運動時間などを相談し、スケジュールを組んであげるといいですね。

脳に異常があるか否かは全身麻酔をかけて、MRIの検査をしないと分かりません。高額な費用が掛かりますが、そのような症状のある高齢犬には脳腫瘍が疑われますので、主治医と相談の上、検査をお勧めします。

 

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問