JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

愛犬〔シーズー犬・7歳)がここ1週間くらいの間に、急激に視力が落ち、いつもじゃれて遊んでいたゴムボール(直径5センチ

解決済みの質問:

愛犬〔シーズー犬・7歳)がここ1週間くらいの間に、急激に視力が落ち、いつもじゃれて遊んでいたゴムボール(直径5センチくらい)も見つけれない、家の中でも調度品にぶっつかる、リードをつけて外の散歩に出てもこわがって歩けないなどの症状がみられます。昨日動物病院で診察を受けましたが、血液検査(糖尿病・肝臓・腎臓など)は異常なし、獣医さんの、私(飼い主)に動いてみてくださいとの指示に基づき、そのようにしましたら、獣医さんの話では、「犬が目で追っているので、全く見えないわけではないと思う。もう少し様子を見たら」とのことでした。なお、獣医さんによれば両目とも若干白内障がでしたみられるとのことでした。今後、飼い主としてどのように対処すべきかご教示いただけれ幸いです。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに症状から(とくにリードをつけて外の散歩に出てもこわがって歩けないということ)からは急激な視力の低下を疑います。

視力の低下はお年の子では白内障がかなり一般的ですが、白内障は通常は急に起きることはありませんし、急に起きても若干だけであれば、今のような症状を起こすことはないと思います。

網膜や視神経、脳神経の異常などが疑われる症状ではあります。
今のような状態ですと、満足に動けず一気に老けてしまう可能性もあります。
眼科に関しては人でも通常の病院と別れているようにかなり特殊な分野ではありますし、検査機器がそろっていないとはっきりとした原因がわからないことも多いです。

完全に元に戻せない病気も多いですが、進行してしまうものも多いので、できれば一度眼科の専門病院を紹介してもらったほうがいいと思います。
そこで原因を追究してもらい、適切な治療を受けられた方がいいでしょう。
様子を見ていると手遅れになることも多いですので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問