JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

先日、相談させてもらった者です。あれから、急変して胸水貯留があり穿刺。乳び胸ということ、腫瘍が全身に転移している可能

解決済みの質問:

先日、相談させてもらった者です。あれから、急変して胸水貯留があり穿刺。乳び胸ということ、腫瘍が全身に転移している可能性がレントゲン、エコーでわかりました。2週間でかなりレベル低下し、食事拒否も強く、人間が食べるような物でも食べれる物ならあげています。ただ、ほとんど食べていない量です。高カロリー食をシリンジで強制的に摂取させようかと思うのですが、癌は高カロリー食は消化に体力を消耗さすだけなので控える方が良いとの情報もあります。でも、栄養価を高める必要はあるでしょうし、悩んでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

大変な状況の中ご相談ありがとうございます。
癌は炭水化物(糖分など)を栄養分として消費するという特徴があります。
そのため、炭水化物は癌に使われてしまい、癌の栄養になる割合が非常に高いですが、脂肪分は癌細胞は直接は使えないといわれています。
ですので、栄養価は炭水化物ではなく、脂肪分で高めてあげるといいでしょう。
ただし、脂肪分は消化吸収があまりよくはないので、下痢や嘔吐が出てしまう場合はあまり増やすことはできません。
腫瘍を持っている子用の療法食(n/d)もありますので、そういった食事を与えてもらうのもいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問