JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬(スコティシュテリア10歳)(体重9KG強) 足の付け根などに湿疹のような赤いぶつぶつが出来、匂いも強い。ふけの

解決済みの質問:

犬(スコティシュテリア10歳)(体重 9KG強)
足の付け根などに湿疹のような赤いぶつぶつが出来、匂いも強い。ふけのようなものがたくさん出る。当人もかゆがっています。耳もかゆがるので、週一回程度拭いてやるのですが、その都度結構汚れています。
週二回程度薬用シャンプーにて洗っておりますが、症状は改善しません。
それと、最近気になるのが、おなかが少しプッツクリとした気がします。
おなかがすくとすぐに胃液を吐きます。食欲はあるのですが、あまりごはんをあげすぎるて太るといけないので、規定量を与えております。散歩は朝晩毎日、ちゃんと歩きます。見たところはとても元気だと思うのですが。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

病院には最近かかられましたか?もしかかっていれば何か検査や診断は受けていますか?
今まで皮膚が悪くなったことはなかったでしょうか?
最近尿の量やお水を飲む量は増えてはいないですか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

皮膚の状態は、2.3年前から少しずつです。


病院で血液検査をしてもらい、GPTの値が166で肝臓の働きが悪くなっていると言われています。


 


尿の量水を飲む量ともに、変わりありません。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

皮膚の症状(ぶつぶつやべたつき、ふけなど)はかなりいろいろな原因で出てきます。
副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症など のホルモン疾患、膿皮症やマラセチア性皮膚炎、ニキビダニ症などの感染症、アレルギーやアトピーなどの体質によるものなど様々です。
皮膚の検査とホルモン検査、試験的な投薬治療などが必要になることが多いです。
これらの検査を行っていないのであればやってもらう必要があるでしょう。

それからおなかが膨らむ原因としては
1.腹水
2.肝臓の腫大
3.腹筋の筋力低下(副腎皮質機能亢進症など)
4.肥満
が考えられます。超音波検査で1,2の鑑別は比較的容易にできますので超音波検査が必要でしょう。

現在の症状はかなり非特異的な症状で、それだけからどの病気が疑わしいということはできません。
一つずつ検査や試験的治療をしながら経過を見る必要がありますので、病院でしっかりと検査をしてもらったほうがいいでしょう。
皮膚の状態はお薬を使わないと良くならないものの可能性は高いと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

副腎皮質機能亢進症とは具体的にどんな病気ですか?また、GPT値の異常とは関係あるのでしょうか?


湿疹のひどい部位には、バナログ軟膏とゆう薬を塗っているのですが、どうなのでしょうか?


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
副腎皮質機能亢進症は副腎から出る糖質コルチコイドといわれるホルモンが過剰になることでおこる病気で、多飲多尿の症状を起こすことが多いですが、それがないことも時々あります。
このホルモンの過剰により、皮膚が弱くなっ て、感染症を起こしやすくなったり、肝臓の腫大や腹筋が落ちることでおなかがポッコリなってくる、肝臓の空胞変性を起こしてGPTの上昇を起こすことがあります。(ALPの上昇のほうが大きいことがほとんどですが)
多飲多尿がないという以外はかなり症状に当てはまってはいます。

パナログ軟膏は炎症も感染も抑えますが、そればかり使っているとステロイド剤が入っているために余計に皮膚を悪くしてしまうこともあります。
やはりしっかりした診断が必要になります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問