JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

パグ1歳4か月メスの避妊手術を考えているのですが、鼻の短い犬種は、麻酔のリスクが高いと聞いています。手術で死亡する確

解決済みの質問:

パグ1歳4か月メスの避妊手術を考えているのですが、鼻の短い犬種は、麻酔のリスクが高いと聞いています。手術で死亡する確率はどれぐらいなのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

パグちゃん1歳4か月の雌で避妊手術を考えているということですね。

短頭種の場合に麻酔のリスクが高くなる理由は特に高齢になると軟口蓋が伸びて気道寝るとに気道を塞ぐ、気道(気管)が生まれつき細い場合があるなどです。レントゲンにて気管の太さを確認して問題なければ若い犬の場合は、ほとんど問題になることはないと思います。ブルドッグなどとは違いますので、パグちゃんであれば、しっかり気管チューブ(人と同じように麻酔中に気管に入れる管)を挿管して麻酔を維持すれば、問題ないと思います。

どんなに健康な犬でも麻酔をかけることで、命を落とすことがあるそうですが5000頭に1頭位の確率だそうです。

 

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問