JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

生後10ヶ月で体重が8.5㎏の牡 のパグですが1ヶ月程前から右後ろ 脚を引きずり出し、原因としては階段から滑り落

質問者の質問

生後10ヶ月で体重が8.5㎏の牡
のパグですが1ヶ月程前から右後ろ
脚を引きずり出し、原因としては階段から滑り落ちたのか(2,3段かも)ソファーから飛び降りフローリングの床で滑り転んでしまったのが原因なのか脚を
引きずり出し、関節筋でも痛めてしまったのかと、しばらく様子を診ていましたが治るどころか脚をぶら下げて三本脚出歩くようになってしまい行き着けの病院でレントゲンでの診断をしてもらいました。結果、右足大腿骨軟骨部からの骨折との事でした 。
手術内容は骨折して日数が経過してしまっているため骨がずれてくっ付いてしまっているため、そこの部分を切り離して骨が触れ合わないように離す術内容です、術後は筋肉によってあるけるようにはなりますとの先生からのお言葉でしたが、ピンで繋ぎキブスでの矯正とかの方法よりは、やはり有効な術なのでしょうか? なるべくなら少しでも愛犬にメスを入れなくて最良な方法などありましたら、教えて下さい 
宜しくお願い致します。

                    栃木県宇都宮市 42歳 男性
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

その手術は創外固定方などとは言われていませんか?
骨は再度くっつくともいわれていませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございます。


先生からは創外固定方とは伺っておらず、筋肉によって歩けるようになりますとの説明でした。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですか。

大腿骨軟骨部というのはいろいろな部位にありますが、大腿骨頭部の部分の骨折ですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、骨盤と脚の付け根部分の骨頂部になります、なんでも手術するにも難しい部分だといわれズレて付きだしてしまった骨の部位を削り取ってしまうとの説明でした。過去にもその部分が壊死してしまったワンちゃんがいたらしく


同じ内容で手術をしましたとのお話しでした


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。

確かにその部分は手術でくっつけること自体なかなか難しい場所です。

血行がうまくいかないとくっつけた先端から血行不良による壊死も考えられます。
その部分の関節は股関節を曲げたりのばしたりするときにかなり動きますので、ずれてくっついているとその骨が骨盤の骨とこすれたりして痛みを出すこともあります。

その場合、やはりよくやる方法の一つに大腿骨頭切 除術があります。
これはその骨頭の部分を切除してしまうことで、関節構造をなくしてしまいますが、周りの筋肉がしっかりしているため、骨ではなく、筋肉が関節を作ってくれます。
よくやる手術方法の一つではあります。

実際にレントゲンを見てみないと何とも言えませんが、それほど間違った判断ではないと思われます。
他には人工関節を入れたりすることもありますが、費用が高く、できる施設も限られていますので、大腿骨頭切除術は有効な手段の一つではあります。

犬 についての関連する質問