JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

食事を取るとうまく飲み込みできないのか、気管にひっかかるのかムセて、食べることができません。(小さく切って手で食べさ

解決済みの質問:

食事を取るとうまく飲み込みできないのか、気管にひっかかるのかムセて、食べることができません。(小さく切って手で食べさせています)今、心疾患が悪化して咳は出ている状態ではあります。内服加療中です。気管支炎に対する処方も年末にしてもらっています。食べたいのに食べらないという感じです。急に好き嫌いが出て、ドッグフードは食べなくなりました。ちなみに水は上手に飲めています。とにかく、十分な食事を食べさすことができないので低血糖が心配です。犬種は、ペキニーズです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

ワンちゃんが十分に食事を摂れないということですね。

ワンちゃんは年齢はいくつくらいでしょうか。

かなりやせているのでしょうか。

ご返事お待ちしております。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.
早速の返信ありがとうございます。犬は10歳です。2,3年前から心疾患の診断を受け内服加療中でした。それが、12/25を過ぎたあたりから 、食事量が落ちてきました。そうこうすると、空咳が出て、震えたりすることも出てきました。聴診器での診断は、悪化しているとのことで、薬は一日二回に増えました。同時期に気管支炎の内服処方あり。年末には、咳もひどく、震えもひどかったので再診。抗炎症剤、抗生剤、胃酸分泌抑制剤(胃腸ももともと丈夫ではないので)を注射。二日間してもらいました。(年始に入るので)
まだ、痩せは目立っていません。体重は7キロ程度で太っているので、痩せるように言われています。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

7才のワンちゃんで、ある程度太っている場合には低血糖になる心配はほとんどないと思います。また、犬で好き嫌いが出てくるということは具合が悪いために起きる食欲低下の最初の兆候です。決してわがままを言っているわけではないです。

恐らくですが、心臓病が進行しているということなので、心臓が大きくなっており気管が胸腔内で上の方に拳上している状態だと思います。食道は気管の脇に沿ってありますから、食事が通過することでさらに気管が刺激されるなどして、咳がでるのかと思います。

液体は飲めるということであれば、お肉や野菜の煮汁で、なるべく塩分を加えないものを与えてあげたらいかがでしょうか。

また脂肪分の少ないカッテージチーズなども高蛋白食なのでよろしいかと思います。

なるべく、今は塩分の少ないもので食べれるものをあたえていただくことをお勧め致します。

かかりつけが開いたらまた受診されて、心臓と腎臓の具合をレントゲンやエコー、血液検査にて調べて、お薬の調節をされることをお勧めします。

心臓の薬はできればACE阻害剤(0.25-0.5mg/kg 1日2回)、ピモベンダン(0.5mg/kg 1日2回)、スピロノラクトン、を処方していただくのがよろしいかと思います。

 

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問