JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6511
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックス ♂ 13歳 4月に脾臓破裂による出血で貧血状態になり、摘出手術を受け血管肉腫と診断されました。

ユーザー評価:

ミニチュアダックス ♂ 13歳
4月に脾臓破裂による出血で貧血状態になり、摘出手術を受け血管肉腫と診断されました。
その後元気にしておりましたが、12月22日に肝臓からの出血がわかり再び手術。
病理の結果は、転移ではなく肝臓原発の血管肉腫でした。

主治医には、転移でなく原発の場合、抗がん剤での延命がより望めるということで治療を治療を強く 勧められています。
早くたたかないと意味がないということで、来週にでもと言われていますが決断できないでいます。

・残りの肝臓自体ももろくなっているということ。
・2回の輸血で足りず、自己輸血をしているので無駄ではないかということ。
・身体がよわっていること。先日の血液検査の結果ですが下記の通り異常値が多いこと。
GPT 599
GOT 132
ALP 3282
TBIL 1.3
BUN 45.9
・術中DICを発症し、現在は落ち着いてるものの血栓を作らない薬は毎日注射していること。
他にも抗生剤や肝臓を強くするお薬など数種類を飲んでいること

このような理由で抗がん剤投与が命取りになるのではないかと、踏みきれません。

体調が明らかに低下している状況で抗がん剤治療を受けるメリットは本当にあるのでしょうか。
もう苦しい思いをさせたくないという気持ちと、可能性にかけるべきかという気持ちで揺れています。
ご助言頂けたらと思います。
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

今回の手術で肝臓の血管肉腫は取りきてれいますか?
また、現在はお薬などは飲んでいますか?

もう少し情報をおねがいします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


主治医によれば目に見えるものは取ったが、肝臓自体が手で触るとぼろぼろと崩れる状態だったため、中の方まで開いてみることはできなかったとのこと。


 


お薬はホスミシン250㎎


その他、袋にまとめて入ってるので名前はわかりませんが


錠剤を4種類一日2回飲んでいます。


1回の量は


大き目楕円の白い薬を半錠


小さ目白い楕円のお薬 裏にSと書いてあるものを一錠


丸いお薬 裏にUS100と書いてあるものを半錠


丸いお薬 裏にRU75と書いてあるように見えるものを半錠です。


肝臓を強くするため、敗血症をおこさないためと説明がありました。


 


その他毎晩ダルテパリンNaを毎晩0.5ミリリットル注射しています。


よろしくお願いします。

返信ありがとうございます。

確かに悩む状態ですね。
正直肝臓の数値自体はあまり気にしなくてもいいです。
腫瘍があれば、上がることがほとんどですので、その数値自体は問題にはなりません。
ただし、ビリルビンやBUNの上昇は気になるところですね。

抗がん剤をやるとすればおそらくドキソルビシンかカルボプラチンになると思いますがどちらも肝機能、腎機能がしっかりしていないと副作用が強くなる可能性があります。

ビリルビンの上昇は肝機能の低下を、BUNの上昇は腎機能の低下を示唆します。
抗がん剤のよるリスクとメリットを考えた時、実際に見ていない以上はあくまで文面からのみのの推測にはなりますが、現在すぐ始めるのはリスクが高いのではないかと思います。

もしやるのであれば、再入院をして1.2日点滴をして、ある程度一般状態や血液検査の数値(特にビリルビンとBUN)がおちた段階で、やる方がいいのではないかと思います。
抗がん剤は、全く健康な子に使ってもリスクがないお薬ではないですが、今の状態のまま始めるのはリスクがかなり高いのではないかとは思います。
個人的にはもう少し状態が改善してからの方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。


医師の治療計画は


ドキソルビシン 3週ごと6クール


シクロホスファミド 1クールの3.4..5.6日目に服用とのことです。


 


やはり現在の状況ではリスクが高い治療なのですね。


すぐに始めるのはやめることにします。


 


腎機能の低下があるとの返答を頂きましたが


主治医は、腎臓は悪くないがと念を押された上で


ロイヤルカナンの腎サポートウェット缶と


心臓サポート・関節サポートのドライを食べさせるよう指示されました。


ただ愛犬はあまりこのフードが好きではなく、ドライは一粒も食べません。


大好きなヨーグルトや納豆、お豆腐を食べたそうにしているのですが


やはり低タンパク食に徹した方が良いのでしょうか。


食欲があまりないので、つい他のものをあげたくなってしまうのですが。


 


抗がん剤の質問の方は納得いたしました。


主治医を信用していないわけではないのですが、一人の意見に愛犬の全てをゆだねるのも恐ろしく・・・。ご返答感謝します。


上記のフードの件は、もう一度別件で質問しなおした方が良いのでしょうか。であればそうしますので。


勝手がわからず申し訳ありません。

大丈夫ですよ。

フードはどれもある程度腎臓に優しいご飯になりますので問題ないでしょう。
ただし、食欲がなければ体力をつける意味でも高カロリー食の方がいいかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


丁寧に回答してくださり、ありがとうございました。


また何かありましたら、相談させて頂きます。


 

犬 についての関連する質問