JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

プードルのメス15歳です もともと咳をする子でしたが、この頃は 症状がひどく呼吸が苦しそうです。 獣医さんから

解決済みの質問:

プードルのメス15歳です
もともと咳をする子でしたが、この頃は
症状がひどく呼吸が苦しそうです。
獣医さんからはぜんそくのようなものなので仕方がないと言われていまして
酷い時の水薬をいただき半年に一度のレントゲンなどをしております。
水薬は朝と寝る前にあげていますが、この頃はなかなか止まらず可哀想です
抱っこをして入るときは割と落ち着いていますが、ずっと抱いているわけにもいかず、何とかもっと、咳を止まるようにすることはできないものでしょうか・
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質 問ありがとうございます。

咳の原因は大きく分けると、心臓からか呼吸器系からということになります。
もともと昔から咳が出る子の場合は、おそらく気管虚脱などの喉頭・気管の異常ではないかと思います。
その場合は、気管支拡張薬いがいにコデインやぶとるふぁのーるなどの咳止め、あるいはステロイド剤で炎症を抑えるなどといった手段を使うことがあります。
あまりに咳がひどいとそれで機関の炎症を起こしてどんどん席がひどくなることが多いです。
今の病院で再度強めの咳止めを使えないかどうか相談してもらい、出してもらえなければほかの病院でセカンドオピニオンを聞かれ野もいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問