JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

犬の前足の曲げる所らへんに、ピンク色のイボみたいなのがあります。 ここ2日程は犬も気にして、ひたすら舐める、噛むを

質問者の質問

犬の前足の曲げる所らへんに、ピンク色のイボみたいなのがあります。
ここ2日程は犬も気にして、ひたすら舐める、噛むを繰り返してます。
イボみたいなできものは、5ミリ位でぷっくり突起して、少し先端に出血が
わずかではありますが、ある状態です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

前足にイボがあるということですね。

ワンちゃんの前肢のどの辺りにイボがあるのでしょうか。

飼い主様はそれをいつからあるのに気付いておられましたでしょうか。

大きさは変わっていないでしょうか。

ご返事お待ちしております。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

ご返事いただいておりませんが、分かる範囲で答えさせてただきます。

先生によると怪我ということなので、現在は抗生物質の内服をされているのでしょうか。

ワンちゃんがそこを気にして舐めたり噛んだりしているとのことですので、できればエリカラーを着けて舐めないようにすることをお勧めします。

また出来物の可能性があるのであれば、その出来物に細い針をさして細胞を採取して細胞を検査すること(細胞診と言います)をされることをお勧めします。

もし怪我であれば、炎症による白血球が主にでているはずです。腫瘍の場合は白血球以外にも腫瘍細胞が検出されることが多いです。これで100%腫瘍かどうかを診断できるわけではないですが、少なくとも怪我による炎症か、腫瘍性のものかは区別することができる可能性が高いです。

麻酔処置などなしでもできる検査ですので、ぜひ一度されておかれることをお勧め致します。検査のサンプルは必ず病理の専門の先生に調べていただくことをお勧めします。

犬 についての関連する質問