JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

9歳のヨークシャーです。 数年前から低たんぱく症と診断され現在はステロイドを 1日おき、抗生物質を1日2回飲んで

解決済みの質問:

9歳のヨークシャーです。
数年前から低たんぱく症と診断され現在はステロイドを
1日おき、抗生物質を1日2回飲んでいます。
昨日の血液検査でALBが1.4(前回2.7)とでて免疫効果剤を今日から
追加 することになっています。
所が今日の朝から左後ろ脚と体の後ろをなぜると痛いと泣きます。
朝は散歩にいっておしっこをしたのですがあまり元気がありません。
この痛みと低たんぱく症は関係があるのでしょうか。
きょうはまだ食事と薬を飲ませんていません。

                              以上
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

9歳のヨークシャーテリアで本日左足と下半身を触ると痛がるということですね。

低たんぱく血症は腸からの漏出ということでしょうか。腎臓は問題ないということでしょうか。

アルブミンはもともと肝臓で産生されます。それが血液中で維持されるのですが、腸管や腎臓の炎症により漏れ出ると血中濃度が低下します。

その炎症を抑えるためにステロイドやメトロニダゾール、食事療法、ベジタブルサポートファイバーなどのサプリを使用します。

アルブミンが1.4ということは腹水が貯まってもおかしくないレベルです。しかし腹水が貯まっても痛がることは無いと思います。

歩き方は普通に歩いているが、触ると痛がるという場合は、炎症がその辺りにあることを示唆します。どこが原因なのかは飼い主様から頂いた情報だけからは判断することは難しいですが、早めに受診されることをお勧め致します。

血小板の数値が高い場合には血栓症の可能性もあると思います。

他には椎間板ヘルニアによる背中の痛みの可能性もあるかもしれません。

食事と薬は飲ませても問題ないと思います。

病院では神経テスト、腹部エコーにて内臓の異常がないかどうか、左足の腫れがないかどうかなどを調べることをお勧め致します。

ステロイドを服用されているので、非ステロイド系の消炎鎮痛剤の使用は控えることをお勧めします。消化管潰瘍のリスクが高まるためです。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問