JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

コーギー9歳、オスです。 鼻腔内腺癌で2週間10回の放射線治療を受けました。鼻腔と予防的にリンパ節への照射です。

解決済みの質問:

コーギー9歳、オスです。
鼻腔内腺癌で2週間10回の放 射線治療を受けました。鼻腔と予防的にリンパ節への照射です。
先々週末外泊時は特になかったのですが、先週末退院後は、一気に食べるとのどがつまり、ときどき痰のような粘着性の強いものを吐きます。元気はあり、お散歩も行きたがります。
治療前に見られていた、鼻血や鼻づまり、いびきはなくなりました、
また、一気ぐい予防の為、コングのような道具で少しずつ
フードを食べる工夫をしています。

次回定期検診は12月16日です。地方に住んでいるため、受診の前に地元のかかりつけ医に相談しようか迷っているところ、このサイトを見つけました。どうぞ、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

9歳の雄のコーギーのはりーちゃんが鼻腔腺癌で放射線治療後喉が詰まったり痰が出たりするということですね。

症状からしますと咽頭部のあたりに炎症がある可能性が高いです。転移かどうかは分かりませんが、その辺りを調べる必要があるのではないかと思います。

喉にものがつまってしまうケースはしばしばありますので、もし16日の受診を早めることができるのであれば、一度かかりつけ医とご相談していただき、放射線治療をされた病院の先生の指示を受けられることをお勧めします。

受診までの間は地元のかかりつけ医から抗生剤や非ステロイド系消炎剤をもらって投与し炎症を抑える治療をされることをお勧めします。

咽頭部辺りの検査としてはレントゲン、麻酔をかけて内視鏡検査をする必要があるのではないかと思います。

お大事にして下さい。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございました。早急に対応したいと思います。


 


食事についてですが、食欲はありますが、フードをふやかして少量ずつ与えるなどの工夫が必要でしょうか。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

フードの与え方については、ドライフードを食べて引っかかるようであれば、ふやかして与えていただくのも方法の1つだと思います。ただし、ふやかしフードであれば問題ないかどうかは与えてみないとわかりませんので、最初は少量ずつ与えてみてあげて詰まることがないかどうか確認されるようにお願い致します。

また下を向いて食べると詰まりやすいという可能性もあるかもしれません。その場合は食器を台の上に置いて与えてみていただくのもよろしいかと思います。

フードも形状によって食べづらかったりします。鳥のササミなどは喉に詰まりやすい食材ですので、与えないようにして下さい。

もし時間がかけられるのであれば、少しずつのフードを手差し様子を見ながら与えていただくのもよろしいかと思います。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問