JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳のパピヨン雌犬 2ヶ月前、普通にヒートあり(雄犬が追っかけまわしていましたから) 本日、今までになった

解決済みの質問:

10歳のパピヨン雌犬
2ヶ月前、普通にヒートあり(雄犬が追っかけまわしていましたから)
本日、今までになったことが無いくらいの大出血中
悪臭などは無く、やはり血の匂い充満
元気はイマイチ無し
肥満気味なので、腹をさわっても腫れてるのか、ただのオデブ腹なのか区別つかず(きっと後者)

昨日は出血は見当たらなかったけど、陰部を気にしてよく舐めてました。


人間でも最後の生理は酷く出血したりする人も居たりする話を聞いた事がありますが、この子もその類の出血なのか心配です。
ショボイ質問ではありますが、どうぞよろしくご回答お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

10歳のパピヨンちゃんで本日陰部から出血を起こしたということですね。

発情は2か月前にあったということから考えますと、やはり子宮蓄膿症の可能性が高いと思います。

子宮蓄膿症には閉鎖性と開放性の2つのタイプがあり、閉鎖性の場合膿が子宮内に溜まりますが、陰部からの排膿は無いため気づくのが遅くなります。そのため今回のように子宮の内圧が高くなって突然排膿するケースがよくあります。

時間的にも発情して子宮内の栄養状態が良くなりばい菌が繁殖しやすくなって2か月後位に子宮に膿がたまることが多いです。

子宮蓄膿症の場合は手遅れになるとばい菌の出す毒素が体に回り命に関わる病気ですので、できれば本日中に受診されることをお勧め致します。

他の可能性としては、膀胱炎なども考えられますが、レントゲンや血液検査、尿検査をすることで比較的簡単にこのあたりの病気は鑑別することができます。

子宮蓄膿症の場合、治療の第一選択が手術による卵巣、子宮の切除になります。その場合麻酔が必要になります。10歳とご高齢なのでもしそうなった場合にはしっかり術前検査(心臓や呼吸器も含めて全身状態をしっかり調べる、乳腺の腫瘍も無いか確認するなど)をされることをお勧め致します。

決してショボイご質問ではないですので、油断なさらずに慎重に検査、治療をされることをお願い致します。まずは早めの受診をお勧め致します。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問