JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今晩は 9歳のミニチュァ シュナウザーですが 乳房のそばに小さなしこりが二か所あるように思えたので 本日動物病院

質問者の質問

今晩は
9歳のミニチュァ シュナウザーですが 乳房のそばに小さなしこりが二か所あるように思えたので
本日動物病院で診てもらったところ 乳腺腫瘍だろうと診察されました
本日は抗生物質をもらい 2週間後に再診に行きますが 手術の場合 子宮全摘 を言われましたが。 大変大きな手術になりますが 乳腺 の手術だけという 方法ではだめでしょうか

ご意見をお伺いしたいのですが よろしくおねがいいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

乳腺腫瘍の手術 の場合、必ずしも子宮卵巣全摘出術を一緒に行わなければならないというわけではありません。

ただし、子宮卵巣全摘出術を一緒にするメリットとして
1.今後の子宮や卵巣の病気を100%予防できる
2.乳腺腫瘍を発症している子では比較的、卵巣嚢腫などの卵巣の異常があることがあり、将来的に子宮蓄膿症を発症しやすいと思われるので、その予防あるいは治療(中には卵巣腫瘍が見つかることもあるので)になる。
3.乳腺腫瘍の手術時に同時に卵巣子宮全摘出術をした場合と、しない場合に再発率の明らかな差というのは証明されていないが、乳腺腫瘍の半数以上は女性ホルモンに対するレセプターを持っていることがわかっており、理論的には多少なりとも予防できる可能性が高い。
ということが挙げられます。

私は個人的には、若くて特に内臓に異常がない子には避妊手術も一緒にやることは将来のことを考えて、進めてはいます。
ただし、絶対にしないといけないというわけではないですし、麻酔時間と負担は多少なりとも大きくなるので、もし飼い主さんが乳腺腫瘍の切除だけを望まれるのであれば、それも方法の一つではあります。

犬 についての関連する質問