JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5270
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

12歳5か月のオスのコーギーです、少し太り気味で大柄です。  10か月ぐらい前から後ろ足の衰えが始まり夏にレントゲ

解決済みの質問:

12歳5か月のオスのコーギーです、少し太り気味で大柄です。
 10か月ぐらい前から後ろ足の衰えが始まり夏にレントゲンの結果変形性脊椎症と診断されました、現在ダイエットと無理な運動を避けるなどで進行の様子を見ています。年齢からも手術は希望していませんがもう少し前向きな形で現状を維持する方法はないのでしようか?人間だと牽引とかサプリとかありますが・・。およろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。

おそらく原因は変形性脊髄症だけでなく、
コーギーちゃんに多い変性性脊髄症があるのでしょう。

大変な病気になってご心配ですね
経験上はたしかに10歳前後に起こす事がほとんどですから、間違いないでしょう。

この病気は治る病気ではありま せんが、進行を遅らせることが大事です

毎日リハビリを後ろ足で朝昼晩にする
(例:1セット30回の屈伸運動や柔軟運動をするなど)

週に1回プールで泳がせるなどが維持する

人間と同様にレーザー治療器で背中の痛みがあればそこにあてる

あとは痛みがあるようならヒアルロン酸やコンドロイチンのサプリメントが
関節には良いでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

たとえば後ろ足を補助する様なものを使うほうがよいのでしょうかまたDMだとすると今のところ治療法はないとおもいますがよりはっきりさせるためにMRI等の検査を受けるほうがよいのでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
MRI検査が可能であれば検査をしておいた方がよいでしょう

脊髄炎や脊髄腫瘍が有る場合も見たことがありますので
その時には治療法や方針が変わってくることもあります

足を積極的に使用させるための補助は使用してよいと思います
質問者: 返答済み 3 年 前.

たびたびすみません。補助具についてですが車いすとか散歩時腰を持ち上げるようなものなどあるようですがおすすめのものとかありますか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
セミオーダー品で作ってもらうのがお勧めです

東洋装具という会社があります

病院で注文してもらいますが、程度によって腰をもちあげるようなもの
あるいは車いすにするか先生と相談してください

東洋装具は病院経由でしか注文できませんが、セミオーダーなので
フィットするものができるでしょう

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
絶対こうしなくてはならないというものはありませんので
車いすあるいはベルトのようなもので吊るなどはケースバイケースです

犬 についての関連する質問