JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はじめまして。ドイツに住んでおります。こちらの動物愛護団体より日本生まれの秋田犬を引き取りました。1年半くらい前から、体中を

解決済みの質問:

はじめまして。ドイツに住んでおります。こちらの動物愛護団体より日本生まれの秋田犬を引き取りました。1年半くらい前から、体中を ひどく掻くようになり、お腹の毛が少しずつ抜けはじめ、ただれがひどくなったので1年 ほど前にこちらの獣医さんに検査をしてもらいました。その結 果、色々な食材 にアレルギーがあるということで、まず食事療法(アレルギーがあるものをすべ て除いたご飯を与える)をすぐに始めました。主なアレルギー源は、牛乳、牛肉(これが一番ひどいです)、豚肉、鶏肉、羊肉、米、少量ながらジャガイモ、 ハウスダスト、ハウスダニ、ダニ、蚤などです。 その他、はっきりした種類は 分かりませんでしたが、一部の草木にもアレルギーがあるという結果でした。で すので、ほとんどのドッグフードには動物 の油脂などが混ぜられているので、 はっきりと表示してあるもので、魚のみ、または野菜のみで作られているフード に替えました。それに加え、抑ヒスタミンと思われる(Prednisolon) 錠剤を初めは一日50mg の錠剤を一個、それから少しずつ量を減らし、現在は一日一錠20mgの物を与え ています(1年ほど続けています)。長 い期間、与えつづけると、内臓に負担がかかると言われたので、今は様子を見て、2日に一錠な どにしています。フードを替えて、このお薬を与え初めてからは、体を掻くのがすごく治まりました。お腹の毛も少しずつ生えてきました。し かし、半年ほど前から、背中の毛が円形に抜け始めて、カサブタ状のものがで き、今ではハゲた部分がずっと広がり続けています。しっぽの毛も抜けてしまい、 抜けた所は皮膚が固く、カサカサしており、赤っぽい感じでカサブタが広がり、カサブタがとれても毛は生えてきません。そして、酸っぱい匂いがして きて、改善される様子もないので、獣医さんにみせた所、アレルギーのせいで掻 きむしった時に、ばい菌が入ってしまったらしく、皮膚上にバクテリア が繁殖 しているので、抗生物質を10日間与えましょうということになりました。獣医さ んに見せる前2週間くらいから、後ろ足の毛が抜けたところから皮膚がやぶれて 出血があったのですが、抗生物質を与えたところ、出血がすぐに止まり、匂いも 収まり、皮膚の赤みもとれました。10日の投薬を終 えて少し様子を見ました が、5日くらい(投薬終了後)経ってからまた皮膚の上にカサブタができはじ め、赤みも出てきましたので、再度抗生物質をだ してもらい(一度目と同じ量 です)、一週間ほど前に2度めの抗生物質投薬が終わりました。。
今回は、残念ながら、はっきりとした改善がみられません。毛が抜けて赤茶に なった皮膚もカサカサのままで、新しい毛が生えてくる様子もありません。
また、本日後ろ足からまた出血がありました。しばらく押さえていると血は止まりますので、包帯を巻いてあります。この出血する所は両足かかと(人間で言う)のような部分の上のあたりで、こぶのような感じになってしまっており、コブの真ん中が毛が擦り切れた感じで、そこの皮膚が固くなり、ひび割れのよ うな状態になって、そこから出血するようです。ここからの出血も抗生物質を飲ませている間は治まっていました。秋田犬などの日本犬は皮膚疾患が多いと聞きます。こちらの獣医さんは、日本犬自体あまりご存知ないようです。車に乗るのをとても嫌がるため、何度も獣医さんに連れていくのがかえってストレスかと思い、今回はまだ見せていません(2度目の抗生物質投薬後)。
何か他に考えられる疾患はあるでしょうか。早く治してあげたいです。
ご助言どうぞ よろしくお願 いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

9歳の秋田犬で皮膚病ということですね。

Prednisolonはプレドニゾロンのことでステロイド(副腎皮質ホルモン)です。長期投与で感染症のリスクが増えます。

もしかしたら毛包虫(ニキビダニ)という毛穴に寄生する虫の感染があるかもしれません。先生に一度皮膚をスクラッチして検査していただくことをお勧め致します。

またステロイド以外にも甲状腺機能低下症で免疫力が低下している場合もあるかもしれないので、血液検査をされることをお勧めします。ただしステロイド投与中に甲状腺ホルモンを測定すると低く値がでますので1週間程度ステロイドを中止してから測定されるようにお願いします。

その前に一般血液検査をされても良いと思います。軽度の貧血、高コレステロール血症がある場合は甲状腺機能低下症の可能性の疑いが高くなるので、そしたら甲状腺ホルモン(fT4)を測定されるとよろしいかと思います。

お大事にして下さい。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、早速ご返答頂きまして、ありがとうございます。
それでは、血液検査をお願いしてみます。

皮膚のスクラッチですが、毛がハゲ始めた時にまずアレルギーのせいだと言われ、プレドニゾロンを投与しはじめました。その後もカサブタなどの症状が治まらなかったので、先生に見せて、皮膚の一部をセロテープでスクラッチして検査してもらったところ、バクテリアが繁殖していると言われ、計20日間に渡る抗生物質の投与を行い現在に至ります。
こちらの先生は、こちらから言わないと検査をしてくれないのかもしれませんので、先日のスクラッチではカビかバクテリアの検査しかされなかったのかもしれません。今回は、ニキビダニがいるかどうか見てください、とお願いしてみます。

また、プレドニゾロンがステロイド剤だったのに驚きました。長期に渡り投与を続けると、だんだん効かなくなるという事もありますか(アレルギーに)?
予防注射などをする際に、一週間ほど服用を止めるように言われたことが何度かあり、投薬を10日ほど停止すると、毎回3日目くらいからお腹のあたりを掻いたり舐めたり(噛んだり)して毎回ひどくただれて膿がでるくらいになってしまいます。
アレルギーがある食品は与えていないはずですし、寝床も綺麗に木綿の敷き布団など静電気を起こさないもののみを使用し、なるべくホコリなどが集まらないように掃除機もよくかけていますが、お薬をやめると必ず掻き始めます。

かかりつけの先生は、当分このお薬を与えてもまあ大丈夫でしょう、との事なのですが、結構ドライな先生なので、どのくらい大丈夫なのか、こちらも分かりません。
やはりできることならステロイド剤は飲ませつづけない方がいいでしょうか。もうすでに1年ちょっと飲ませています。

よろしくお願いします。






専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

スクラッチとはかきとり検査なので単にセロテープを貼ってからはがす検査とは異なります。

鋭匙という金属のさじで皮膚を削って調べる検査です。

毛包虫は毛穴に寄生しているので皮膚表面をセロテープで調べても見つからない場合が多いです。

ステロイドがだんだん効かなくなることは無いと思います。ただしステロイドの副作用で免疫力の低下で易感染性になる、ステロイド肝による肝臓への負担、代謝機能の低下、医原性副腎皮質機能亢進症、副腎の委縮によりステロイドを中止すると副腎皮質機能低下症(アジソン病)になったりしますので、なるべく使用量は少なくすることが必要です。そのため高価ですが、抗ヒスタミン剤やシクロスポリンという免疫調整剤を使用したりしてステロイドの量を減らすことをしたりします。

ステロイドを投与しているワンちゃんは今回に限らず必ず感染症の検査(ニキビダニ、カビの培養検査、細菌感染)を念入りに行い、必要ならば皮膚バイオプシー検査を一回はされてみるのがよいのではないかと思います。

お大事にしてください。

 

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、大変詳しく教えていただきまして、本当にありがとうございます!
ご説明もとてもわかりやすく、これからしたほうがよい検査なども目処を立てることができました。
それでは早速かかりつけの先生に新たな検査、お願いしてみます。

本当にありがとうございました!!

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問