JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5374
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。 8月で満12歳MIX犬♀(名前ポッキー)についての質問で

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。
8月で満12歳MIX犬♀(名前ポッキー)についての質問です。
今年の1月に自己免疫性疾患による多発性関節炎になりました。治療の経緯はとても複雑なのでこちらのブログをお時間のある時に読んでいただければと思います。
 http://ameblo.jp/pocky-0810/

今回の質問は、10月始め頃より右後ろ足の甲のあたりが皮膚炎になり、病院で塗り薬をいただき対処していましたが、その後後ろ左足の裏も皮膚炎になってしまい、ずっと舐めたり噛んだりするので真っ赤に腫れて出血するほどになってしまいました。
舐めないようにエリザベスカラーを付けましたが、最初はあきらめて舐めなくなっていましたが、カラーの中に足を入れて上手に舐めるようになってしまい、塗り薬も舐めてしまうのでダメになってしまいました。
病院で、検査していただいた所、皮膚に住んでいる顕微鏡でしか見えないぐらい小さなダニが皮膚の状態が悪くなった所で増えてしまっている、ということでした。
このダニを駆除しない限り皮膚炎も治らないと言われ、液体状の飲み薬を1週間に1度飲ませるように指示されました。
2回飲ませてから再度検査した結果、 右後ろ足のダニはほとんどいなくなり、左後ろ足のダニも数は少なくなっていているそうです。
しかしながら、このお薬を飲ませるようになって、最初は気づかなかったのですが、2回目を飲んだ翌日から体調が悪くなり、足元がフラフラするようになりました。関節炎がよくなって歩く速度も速くなっていたのに、またゆっくりゆっくりしか歩かない日々が数日続き、4~5日目にはまた元気になってきたので、お薬との関係は不明でしたが、3回目に飲ませた後も同じような症状になりました。
やはり、翌日にはフラフラするようになり、3~4日でもとに戻る・・・という感じでした。
病院に問い合わせたところ、「どんなお薬も良い反応と悪い反応が出るものです。皮膚炎を改善するためにはこのお薬を続けるしかありません。」というお返事でしたが、前回飲ませてから1週間後の昨日はどうしても飲ませる気になれなくて、飲ませていません。
エリザベスカラーを付けていたら、今はほとんど舐めなくなり、皮膚が赤く腫れていたのもマシになってきています。
このままお薬を飲ませずに皮膚炎が良くなることはないのでしょうか。
病院の先生は、私がお薬のせいでこうなったと文句を言ってきたように思われたのか、とても対応が冷たく感じられ、別の病院を探そうかと思案しているところですが、こういう症状の皮膚炎の治療はどの病院へ行っても同じなのか、お尋ねしたくこちらで質問させていただきました。
ブログを読んでいただければ、ご理解いただけるかと思いますが、お薬の副作用について必要以上に不安になってしまうので、今回もどうしてもこのままお薬を続けるのが怖くてできない次第でございます。
どうかご返答よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

①飲んでいる薬の種類はわかりますか?イベルメクチンでしょうか?

②多発性関節炎とのことですが、リュウマチ因子や抗核抗体検査は行いましたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


飲んでいる薬の名前はわかりません。


体重29kgの子に週1回1.8ml飲ませるように指示されました。


 


多発性関節炎に関しましては、犬リウマチ因子と抗核抗体検査実施済みです。


抗核抗体が(+)、犬リウマチ因子は(-)でした。2013年1月15日の結果です。


その後、ブログに投稿していますように、ステロイド投与によりCRPの値が下がり、痛みもなくなったようですが、肝臓を傷めてしまいました。


その後、血液検査は肝臓の値がほぼ正常値になった5月以降は行っておりません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

飲んでいる薬の名前はわかりません。


液体で、体重29kgの子に週に1.8ml飲ませるように指示されました。


 


多発性関節炎に関しましては、犬リウマチ因子は(-)抗核抗体は(+)でした。2013年1月15日の実施結果です。


 


その後、ステロイド投与による治療でCRPの値は下がりましたが、肝臓の値がとても悪くなりましたが、5月までに改善され、血液検査もほぼ正常値になり、その後は血液検査を実施しておりません。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
大切なわんちゃんについて治療法を積極的にお探しのようですね

おそ らく今飲んでいる薬はイベルメクチンやドラメクチンといった寄生虫駆除剤だと
思いますが中には薬が合わなくて具合が悪くなる個体がいます


そういう場合には
①ミルべマイシンという薬を1-3ヶ月程度、飲ませる方法があります
②ムピロシン軟膏を塗る
③足の毛を刈り、隔日で過酸化ベンゾイルシャンプーで足を洗いよく乾かす

などが方法としてはあるでしょう

薬が体にあっていないようなので、薬は変えてもらいましょう

おそらく今の病院では難しいようなので、別の病院でセカンドオピニオンを受けると
よいでしょう

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


セカンドオピニオンを受ける決心がつきました。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
良い先生が見つかる事をお祈りしています

犬 についての関連する質問