JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

11歳 ヨーキー雌 多頭飼い(3匹)していましたが3年前に1匹なくなり、今年の5月に2匹目がなくなりました。最後に

質問者の質問

11歳 ヨーキー雌
多頭飼い(3匹)していましたが3年前に1匹なくなり、今年の5月に2匹目がなくなりました。最後にのこった1匹がそれ以降月に一度ぐらい血便をしております。3匹は親子で残っているのはその子供です。非常に神経質な犬で甘えん坊です。体重は4キロ弱で体重の減はありません。血便が出る時に共通するできごとはあまり思い浮かばないのですが、あえていえば誰かが家にきたとか、散歩を長時間したときとか少し疲れた時かなという程度です。食事は日に3度鳥の砂肝を煮たものとドッグフードをあげています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

11歳のヨーキーのワンちゃんが血便を繰り返し、そのたびに注射を打つとよくなるということですね。

少々お伺いしたいのですが、

注射の名前や種類はお分かりでしょうか。

また先生からはこの症状についてなんといわれていますでしょうか。

またこれまでにどのような検査をされてどんな結果が出ていますでしょうか。

分かる範囲で結構ですのでご返事宜しくお願い申し上げます。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事いただいておりませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。

血便の症状としては大腸炎の結果と言えます。肛門に近い位置にあり便を溜めておく役割の腸が大腸ですが、そこが炎症をおこすことで粘膜が剥がれてゼリー状のものがでたり血便がでたりします。

血便がでるときはヨーキーちゃんにストレスがかかっている場合が多いのではないかと飼い主様が考えておられるのではないかと思います。

その場合、血便以外にも震えや嘔吐などの症状が出る場合には副腎皮質機能低下症という病気がかんがられるのではないかと思います。副腎というステロイドホルモンを分泌する器官の機能が低下して、ストレスがかかったときにステロイドが出ないので、その結果血便などさまざまな症状が出る病気です。診断はエコー検査や血中のステロイドの量を測定する検査でわかります。その場合、血便の度にステロイドホルモンの注射をすれば症状は改善することになります。

あるいは、感染症(細菌感染、寄生虫、ジアルジアなど)、炎症性腸疾患(一種の免疫異常)、大腸のポリープや腫瘍などの可能性も考えられます。

血便のときには便検査を繰り返しされることをお勧めします。感染症の種類によっては一回の検査では見逃してしまうこともあるからです。

炎症性腸疾患の場合もステロイドにて免疫力を調整することで症状が改善します。

また既にされているかと思いますが、直腸検査にて指が届く範囲で腸管粘膜の異常がないかどうかを調べることもお勧め致します。

感染症の場合は抗生剤や抗菌剤、駆虫剤での治療になりますし、副腎皮質機能低下症の場合はステロイドを定期的に飲む必要があります。

炎症性腸疾患の場合もステロイドや食事療法が中心になります。

腸管粘膜に出来物がある場合には腫瘍やポリープの可能性がありますので、まず組織を病理検査に出して診断をつける必要があります。

飼い主様のご記入いただいた情報からですと副腎皮質機能低下症や炎症性腸疾患などの可能性が高いのではないかと思います。

今のところ対症療法で問題ないようですが、症状が進行すると命に関わる場合もありますので、一度ステロイドの分泌量に異常がないかの検査はされておかれるのがよろしいかともいます。

お大事にして下さい。

犬 についての関連する質問