JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

11/5朝散歩途中200m程で座り込み、朝食食べず、夕散歩も途中で中止、夕食食べず。 11/6朝散歩途中100m程で血便タール状100~200mL程、病院血液検査、エコー検査

解決済みの質問:

11/5朝散歩途中200m程で座り込み、朝食食べず、夕散歩も途中で中止、夕食食べず。
11/6朝散歩途中100m程で血便タール状100~200mL程、病院血液検査、エコー検査
    ALPが615、WBCが23800、 Seg-Nが22372、CRPが20以上
    エコーで下腹部(腸?)に径7cm大の炎症、開腹しないと原因部位とも確認出来ず
    切除出来な い、しかし体内で血液を固まらせない反応状態なので体内であっちこっち
出血している状態と思われる、手術すれば血が止まらない為
    手立てが無く長く持って1ヶ月でしょう覚悟して下さい。
今日11/8迄食事は食べようとせず水のみで、ぐったりしていて、排尿のみ庭先までよろよろしながら済ましている状態です。

犬種は柴のミックス12歳メス中型犬。

以上の経過で質問し たい事は2点です。
①身体の痙攣も無く、息ずかいも激しくないけれど、犬自身は苦痛に喘いでいるのだろうか?
②絶食のまま衰弱死を待ったが良いのか、安楽死の方が良いのか?

私の気持ちは、助かる手立てが無いのなら
犬が痛かったり苦しかったりし続けているのなら安楽死、もし犬にとって苦痛が少ないのであれば命が尽きるまで看取ってあげようと思っています。

よろしくお願いします。  内田敏弘XXX@XXXXXX.XXX
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

12歳のワンちゃんで11月5日から具合がわるいということですね。

エコーにて下腹部に7cmの出来物があり、貧血?で血小板が少ない?DIC(播種性血管内凝固)?の状態ということでしょうか。

検査が不十分なのか診断が付いてない状態ということですね。

出血部位がどこなのかも分からないということでしょうか。

もし出血による貧血があるのであれば低酸素なので相当に気だるい状態だと思います。

出血部位の炎症があるのでお腹は確かにシクシク痛むと思います。

ご記入された情報だけですとまだ十分に検査がなされていないように思いますので、できればさらに追加の検査(例えば、お腹にある出来物に細い針を刺して細胞を採取し調べる検査)、治療(貧血がひどいのであれば輸血)などをされることをお勧めしたいところですがいかがでしょうか。

今かかられている病院ではこれ以上の手立が無いと告げられたみたいですが、できればそこであきらめず他の病院で追加の検査や治療法についてもう一度ご検討されてはいかがでしょうか。飼い主様としては安楽死もお考えになるほどに深刻に考えられているようなので、できればそのまえにもっとなにか治療してあげられないのか方法を探していただくのがよろしいかと思います。

確かな状況は分かりかねますが、安楽死をしてあげないといけないほどの苦痛に喘いでいることは無いのではと思います。むしろ費用や看護にかかる手間などの点で問題ないのであれば、他の病院で入院治療や出血の原因を調べることをされてみてはいかがでしょうか。

これ以上はそのような検査や治療をお望みではない場合、出血による炎症や貧血程度であれば苦痛は耐え難いのものではないと思いますので最後まで看取られることをお勧め致します。しかし飼い主様がワンちゃんをみるのがつらくてもう看病できないということであれば、かかりつけ医に安楽死についてご相談されるのもよろしいかと思います。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございました、DIC症状の後凝固反応から溶解反応になっているので手術は無理のようですが、他に手立てがないか他の動物病院にも行って見ようと思いました。犬自身の苦痛が少ないのが判って少し気持ちが救われました。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

DICの状態でも、病気の原因によっては低分子ヘパリンを投与して輸血するなどして助かる場合もあります。

希望を捨てないで治療の道を探してあげて下さい。

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

issafd3s様


11/9早速、血液などの専門医が経営する動物病院をNetで探し受診して来ました、4時間ほどで精査し(針で細胞検査など含み)輸血やヘパリン投与も考慮し治療方針を検討するとの事でした。


 


午後5時頃に病院へ迎えに行きます。


治療してもらえる病院が探せて何故か安堵しました、あとは犬の生命力に委ねようと有る程度覚悟しています。


追加のアドバイスまでいただき、ほんとうにありがとう御座いました。 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅れましてもうしわけございませんでした。

元気になることを願っております。

お大事にして下さい。

 

犬 についての関連する質問