JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

我が家に3週間前ブリーダーからトイプードルがやって来ました。 ちょうど3か月(オス)になりました。 ワクチンは2

解決済みの質問:

我が家に3週間前ブリーダーからトイプードルがやって来ました。
ちょうど3か月(オス)になりました。
ワクチンは2種をしているそうです。
その子が最近起きた後走り回った後に乾いた咳のようなくしゃみのようなそんな症状があります。
決して長引かないのですが気になるし、飲む水も一日140CCぐらい最近飲みます。
何か病気でしょうか・
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

3か月のトイプードルちゃんは3週間前から飼い始め最近咳をするということですね。

犬の場合咳の原因は気管や肺に問題がある場合、心臓に問題がある場合、鼻腔に問題がある場合などが主に考えられると思います。

この中で仔犬で多いのはやはりケンネルコフという感染性の気管気管支炎ではないかと思います。この病気の原因はウイルス感染、細菌感染、寄生虫感染など様々ですが、多くの場合移動や飼育環境のストレスなどが加わることで仔犬に潜伏感染してはいたが発症まではしていなかった病気が発症することでおこります。

心臓病の可能性はまれに先天性の心奇形がある場合には症状として咳がでることがありますが、この点はしっかり聴診をしていただくことで分かると思います。

また鼻腔の問題はいわゆる犬でおきる逆くしゃみと呼ばれる症状です。これの場合治療法はないですし、大事にいたることもございません。

可能性としてケンネルコフが高いと思います。咳がひどくなると食欲が低下します。はやめに受診されて治療をされることをお勧め致します。

またワンちゃんの咳をしているときの動画を撮影されて受診されると先生が診察時に診断の助けになると思います。

また診察の結果やはりケンネルコフであった場合には治療によって咳が止まるまで1か月近くかかることが多いです。これは病気が治っていないのではなく咳の症状が一番治まりにくく咳の症状だけ最後まで残る結果ですから、咳だけで治療効果を判断されないようにお願いします。

また検便はされていると思いますが、もしまだされていない場合や便が緩い場合には再度便検査もされることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の解答ありがとうございます。


 


明日病院へ行ってきます。


 


それと飲む水の量は多すぎないでしょうか。(一日140cc)

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かに140㏄は多いとは思います。成犬での基準は体重1kgあたり100cc以上であれば多いとされます。つまり1.4kgの犬で140cc以上の飲水量だと多いことになります。

しかし、実際仔犬の場合腎臓の機能は未発達です。血液をろ過して尿のもとになる原尿というものが作られますがそのからの再吸収によって通常尿は濃縮されます。仔犬の場合腎臓機能が未熟なため濃縮能が十分でない場合があり、成犬よりは水分を飲む割合は増えると思います。また犬はもともと飲水ボトル で水を飲むのは非常に苦手なので、もし飲水ボトルで水を与えておられる場合はお皿に変更されることをお勧めします。飲水ボトルで水を飲ませているとこぼす量も多く、慢性的な脱水をおこし腎臓には良くない傾向が出てきます。犬は舌で水柱を立ててそれをすくうようにして飲みます。飲水ボトルではそれができないため上手に飲めません。

飲む水の量は従って直ちに異常とは言えませんので、今後気になるようでしたら尿検査にて尿比重を定期的に測定する、血液検査でBUN,CREの数値を2週間ごとに測定するなどの方法で経過を観察していかれることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問