JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

急病ではないのですが、気になることがあります。7歳のチワワですが、時々(特に散歩から帰った時が多い?)突然キャンキャ

質問者の質問

急病ではないのですが、気になることがあります。7歳のチワワですが、時々(特に散歩から帰った時が多い?)突然キャンキャンと悲鳴みたいな鳴き方をして、その後は何事もなかったように元気に走り回ることもあれば、てんかんの症状になることもあります。(以前動物病院の先生に相談したらてんかんの症状だと言われました)7歳になった今までで、合計10回ぐらいだと思うんですが、あまり心配いらないのでしょうか?
てんかんが起きないのに、キャンキャン鳴くときは何なんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

7歳のチワワで(散歩から帰った時が多い?)時々悲鳴をあげてその後てんかんのような症状になることがあるということですね。

お伺いしたいのですが、症状は何時から出始めたのでしょうか。また回数は増加していますでしょうか。てんかんの症状とは具体的にはどんな症状でしょうか。てんかんの症状は何分位つづきますでしょうか。首の付け根辺りをよく掻くなど気にするそぶりはありますでしょうか。

お分かりになる範囲で結構ですのでご返事お願い申し上げます。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

五年前くらい前からでしょうか。てんかんのときは頭がぐるぐる回って立ってい


られなくなります。1分か2分で治まります。頻ぱんではなく、一年に2、3度でしょうか。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうごます。

やはり症状からするとてんかん発作であり、キャンキャン鳴くのはてんかん発作の前兆現象といわれるものの可能性が高いと思います。発作は大きく3つの段階に分かれます。まず前兆(犬によって様々です。暗い所に行く、急に耳を痒がりだす、くるくる回るなど)その後実際の発作の症状がでて、最後に見当識障害という発作後のボーッとした状態が起きます。

飼い主様のワンちゃんの場合もキャンキャン鳴くのはその発作の前兆ではないかと思います。必ずしも発作の症状に繋がらない場合もあるかもしれません。

発作は脳の異常な興奮状態です。原因は脳自体の問題、心臓性(不整脈、除脈や頻脈など、)、代謝性など腹部臓器の異常などの問題(高アンモニア血症、低カルシウ ム血症、低血糖など)が可能性としてあります。脳はMRIを撮らないと分からないですが、心臓や腹部臓器や代謝異常は聴診、心電図、レントゲン、血液検査などで異常を調べることができます。今までに検査をされて異常がないということであれば、残るのは脳内の異常の可能性ということになります。チワワなので先天性の水頭症の可能性もありますし、特発性癲癇というMRIでも脳の基質的異常が認められない場合もあると思います。

今後発作の回数が増える、発作の時間が長くなるなど、症状がひどくなる傾向がある場合やはり一回はMRI検査を受けらることを検討されるとよろしいかと思います。

年に2-3回であればまだ抗てんかん薬を常時飲む必要は無いと思いますが、場合によっては主治医の先生と相談して抗てんかん薬の坐薬(肛門から入れるタイプのてんかんを抑える薬)を持っておかれるとよろしいかもしれません。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。脳の検査はやはり全身麻酔ですよね?


体への負担を考えると不安です。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かにMRI検査は全身麻酔になります。しかし手術するわけではないので深い麻酔はかけないですし、麻酔前検査(レントゲンと血液検査)をして問題無いことを確認してから麻酔をかけますから、体の負担は最小限になると思います。

また検査は1日がかりの検査になりますので、飼い主様も時間的余裕のある時に検査されることをお勧め致します。

東京都市部ではキャミックなど検査専門の機関がありますが、お急ぎでなければ大学病院で検査されると検査+診断もしてもらえますのでよろしいかと思います。

MRI検査をするかしないか、するとしたらどのタイミングでなどは主治医の先生と良くご相談していただき、ワンちゃんにも飼い主様にも負担の少ないようにご検討されることをお勧め致します。

犬 についての関連する質問