JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

4日ほど前、散歩の途中、急に歩けなくなりました。 首を左に傾け、少し、左右にふります。 以後、後ろ脚でたてません。

解決済みの質問:

4日ほど前、散歩の途中、急に歩けなくなりました。 首を左に傾け、少し、左右にふります。 以後、後ろ脚でたてません。 吐けはなく、食欲はあります。 近くの動物病院に
連れて行き、お薬を処方してもらいましたが、変わりはありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

柴犬さんという犬種、年齢、症状からは、特発性前庭疾患あるいは中耳炎や内耳炎のどちらかが疑われます。
このどちらも、同じような症状(首の傾き、眼振、ふらつきなど)をおこします。
内耳炎の中耳炎や内耳炎の場合は抗生剤が効きますが、特発性前庭疾 患の場合には特別な治療法はありません。
時間と共に治っていくことも多いですが、ふらつきや傾きなどは残ってしまうこともあります。

もしこれらの鑑別診断をするにはMRI検査が有効ですが、全身麻酔が必要なこと、検査できる施設が限られていることから、希望される飼い主さんは多くなく、その場合は、抗生剤や抗炎症薬を使って様子をみていくことが多いです。
残念ながら100%治すことができる治療法がないため、食欲があって、はいていないのであれば、もう少し様子を見てもいいでしょう。
一週間以上たってから回復してくることも多いです。
また、一週間以上たってもよくなってこない場合は、リハビリなどの理学療法をしていくのも方法の一つではあります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問