JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

16歳を過ぎましたバセットハウンド♂ フリー室内飼いです 3~4年前から眼球が白濁し 獣医2件で診断して貰いましたが

解決済みの質問:

16歳を過ぎましたバセットハウンド♂ フリー室内 飼いです 3~4年前から眼球が白濁し 獣医2件で診断して貰いましたが 点眼薬など投薬して貰いましたが 現在では,点眼薬も頂いていません 白濁は好転はせず,現在は殆ど見えていないようですが 本人は自身の動線をわかっているらしく,散歩や日常生活において取り乱す事も無くたまにつまずいたたりはしますが 余生を好きな場所を選びゆったり日々を送っています バセットの特徴で下瞼が垂れていますので 時々結膜炎を起す事もあり 獣医で非ステロイド性抗菌点眼剤ムルキナ0.1%とゲンタマイシン硫酸塩点眼剤0.3%を処方いただいています 以前にも何度かはあったように記憶していますが ここ10日ほど前から下瞼内のしゅん膜が 眼球半分位を 覆っていて完全に下がっていないようです かかりつけの獣医で診察して貰いましたが 特に対応する処方点眼剤は無いとのことで 結膜炎の時に投薬して貰ったムルキナとゲンタマイシンを 点眼するように言われました コレまでに引越しの事もあり 3件ほどかかりつけを変わっておりますが 小さい時にかかった獣医でもらった点眼剤で
わりと早くに元に戻った記憶があるのですが 定かではありません  この子に何か好い点眼剤が
有ればと ご相談させて貰いました  勝手では有りますが草々ご回答頂けましたら幸いです 宜しくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

16歳のバセットハウンドで白内障で目が見えないが、ここ最近瞬膜が出ているということですね。

現在は抗炎症剤と抗生剤の点眼薬をさしておられるということですね。

瞬膜=第三眼瞼が出る場合には、痛み(角膜潰瘍、緑内障、ブドウ膜炎、眼内異物)に依る場合と、腫瘍性、あるいはホルネル症候群、などの可能性があります。かかりつけの先生に眼科検査をしていただきどのような異常があると言われたのでしょうか。

現在使用されている点眼薬の組み合わせですとブドウ膜炎の治療をされているのではないかと思います。

今の治療で効果が無い場合には病院にて角膜に傷が無いか(有れば角膜潰瘍)、眼圧が高くないか(高い場合緑内障)を調べてもらうことをお勧めします。角膜に傷がある場合はヒアレインミニの点眼、緑内障の場合は目が痛いので早めに眼圧を下げるためにキサラタン点眼をする必要があると思います。

以上のように原因によって点眼薬は異なりますので、かかりつけの先生に角膜に傷がないか、また眼圧は正常かなど調べていただき、しっかり診断していただくようにお勧め致します。そうすればおのずと点眼薬の種類が決まってきます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

白内障ではありません 発祥当時,現かかりつけの獣医ではなく 知人紹介の以前大阪の救急センターにお勤めされていた先生がこの地で開業され,そちらで受診しました その先生がビンクスの眼球の写真を撮り,眼科 専門の先生にお尋ね下さり 見分として言い渡された病名自体は忘れてしまいましたので記載してありませんが 眼球表面が曇っている症状で これで失明するこは今まで居なかったということでした 治療の方法としては 角膜移植等 専門医での受診が必要との事で 日常生活に問題がないのであれば 見えにくいでしょうけど・・・ といわれたのを覚えています それから徐々にですが 今では視力は殆どないように感じます


 


ご回答いただきましたので 早速以前うかがった獣医に行ってきました


表面が曇っているので中の状態はわからないず,角膜に傷などは調べてはもらっていませんが, 眼圧は正常値で緑内障の心配は無いとの事でした。 今使用している目薬をさすと瞬きし,少し痛い様子が伺えたので 先生に話して それで快方に向かうわけではないけれど 点眼剤を変えて様子を見るつもりならと 処方してもらいとりあえず帰途に着きました 点眼剤の種類としては 同じものだそうです


 


再度 獣医で検査してもらうきっかけができ 眼圧は正常と聞けましたので 少しホッとできました 有難うございました


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

病院に行かれて緑内障ではないということですね。

目はレンズが白いのではなく角膜が白くなっているということですね。それでは角膜ジストリフィーという病気ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

まぶたがしっかり閉じれないなどで角膜が乾いたりすると目の中心部分の角膜が白くなり輪を描くように大きくなることがあるかと思います。なるべくヒアレインミニなどの防腐剤の入っていない点眼薬をつけてあげること(1日6回位)で、治ることは無いですが進行がゆっくりになる可能性があります。その眼の白い部分は潰瘍などの傷を起こしやすいですので、日ごろのケア(点眼)が大切かと思います。ゲンタマイシンの点眼が刺激があると思いますので、他の抗生剤の点眼に変えていただいたのでしょうか。

治療としてはブドウ膜炎や結膜炎の治療ということだと思います。目はデリケートな器官ですので、3日後には目の状態を先生に確認していただくために一度再診されることをお勧め致します。また今回の症状が改善した後はヒアレインミニ(防腐剤の入っていないヒアルロン酸の点眼薬)(1日1本使い切りで、1日以上同じものを使用しない)をできれば毎日つけてあげることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

抗菌点眼薬はファルキサシン0.3% ,非ステロイド性抗炎症点眼剤ティアローズ を処方されました


 


三日後に状態を確認してもらい,状態改善後には ヒアレインミニの処方もお願いしてきます


 


詳しいご回答頂き有難うございました


 


三日後 再度 確認してもらいまして 結果報告をいたします 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ファルキサシンとティアローズを処方されたということですね。今回角膜に傷が無いか調べる検査の角膜染色(フローレステスト)をされなかったのは何か理由があるのでしょうか。

ティアローズは痛みの程度に応じて1日2-3回、ファルキサシンは1日3回位点眼されるとよろしいかと思います。

治療は良化してからもしばらく続けることが必要と思います。3日後症状が改善していることを期待しております。

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問