JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8/1に7歳になったフレンチブルドッグのオスです。 耳の症状についてです。 一見キレイに見えますが、耳の奥のほう

解決済みの質問:

8/1に7歳になったフレンチブルドッグのオスです。
耳の症状についてです。
一見キレイに見えますが、耳の奥のほうに黄色いベタっとした耳垢がたまります。
床に耳をこすりつけるようにしたり頭を振ったりの行動が日中は、ごくたまにあります。
それ が何故か夜中になると息切れするほど、耳をしきりに床にこすりつけ、頭を振ったりして
落ち着いて眠れなくなります。だいたい30分ぐらいはバタバタしています。

夕べも右耳が痒かったようで夜中にしばらく耳を床にこすりつけてハァハァしていました。


ホットスポッツスプレーというのをコットンにつけて軽く耳の入り口を拭いてやり、マスマリンリキッドを少し耳に垂らし、
フルメタローションを病院からもらっていたのでも少し垂らしました。

小一時間ほどで落ち着いてくれて寝ることができました。

今朝もう一度耳の中をみるとベタっとした耳垢がたまっていたので拭いてやりましたが、奥のほうは取りきれません。
イヤークリーナーを垂らしての耳掃除もしますが、ベタっとした耳垢なので、奥のほうのはついたままです。
イヤークリーナーの垂らし方が少ないのでしょうか。多めに垂らしても大丈夫なものですか?

こういうことが7月から3~4回おこっています。
昼間は、ごくたまに耳を床にこすりつける、頭を振るという行動をとることがありますが、夜中のように
落ち着きがなくなるほどのことはなく、ごくごく普通にしています。

一度7月の初めに右耳が少し赤くなって同様の行動をしたときに病院には話をして
プロドニロゾンを処方されました。1回2錠を5回分もらったのですが、続けて飲まなくてもいいということで
残った分は予備でとっといてもいいと言われたので、最初に1回と9月に入ってから左耳が赤くなったときに1回飲ませただけで、
あとは飲ませていません。

昼間は普通に過ごせているので、このまま耳が赤くなったときだけ残りを飲ませるだけでいいのかどうか?お聞きしたいです。

※7月初め膿皮症でケフレックスを1週間処方されています。
その1週間後、右耳が赤くひどく頭をふっていたので病院へ行きプレドニロゾンをもらいました。その際、趾間も赤くなっており
ぷくっと膨れたところから出血していたのでフルメタローションも貰いました。
また7月のケフレックス投薬終了後に、また脱毛がひどくなり全身に広がったので9/7受診しケフレックス投薬中(20日分)です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

黄色い耳垢がある時は化膿性外耳炎を起こしている時です。
お話を聞く限りでは、犬種的にもアレルギーを持っており、それが基礎疾患となって外耳炎を起こしやすいのではな いかと思います。

まず耳垢がかなりひどい場合は、理想的にはその耳垢を培養して効果のある抗生剤を決めてもらうのがいいでしょう。
それから、わんちゃんの耳は中で折れ曲がっている複雑な構造をしているので耳の奥の方の耳垢はイヤークリナーをたらしただけではとれません。
イヤークリナーをたらして耳の根元をくちゅくちゅともんで、耳をブルブルさせて耳垢を出す必要があります。
イヤークリーナはたくさんたらしても問題ありません。
それができない場合は病院で掃除してもらった方がいいでしょう。

それからステロイドに関しては赤みがひどい時だけでもいいですが、慢性的になっている場合は腫れがひどく、難治性になっていることも多いのでできれば数日間使ってしっかり抑えた方がいいこともあります。
その辺りは文面だけでは評価できないので主治医の先生と再度相談された方がいいです。

外耳炎はそれ自体命に関わることはありませんが、かゆみがかなりひどい場合はわんちゃんはかなり辛いです。
再発を繰り返したり、難治性になることも多く、慢性化すればするほど治りは悪くなるので、できるだけベストな治療法を選択してもらうように、細菌培養検査やアレルギー検査をしておいてもらったほうがいいのではないかとおもいます。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問