JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

1歳になったばかりのトイプードル(メス)です。 近所の比較的評判のいい動物病院へワクチン注射で訪れたところ、「この

質問者の質問

1歳になったばかりのトイプードル(メス)です。
近所の比較的評判のいい動物病院へワクチン注射で訪れたところ、「この子は、先天性の膝蓋骨脱臼ですね。」と言われ、その時はレベル2と言われました。しばらく様子を見ましょう。と言われたのですが、気になり1カ月ほど前に通院したところ、「レベル3になっていますし、レントゲンを撮り手術をする方向性がベストですよ。」と言われました。
片足ずつの手術で「半年くらいはかかります。」とも言われましたが、やはり手術はした方がいいんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

そのまま放置している飼い主様もいらっしゃいます。

ですから、手術はしたほうがいいですが、生命に直接かかわることではないので、手術をしなくてもいいです。

手術をしないと、骨が、徐々に曲がっていき、歩きづらくなってきます。最終的に、前足だけで歩き、後ろ足はいざって、動いている子を見たことがあります。そうなると生活が不便ですし、すり傷ができ、そこからばい菌が入ってしまうことにもなりかねません。

また、関節の咬み合わせが悪くなりますので、将来的に関節炎を発生してきます。今も、関節炎は起きているかもしれません。

 

手術には方法が様々あり、それによって費用も異なってくるでしょう。動物病院によって、また、膝の状態によって、方法や費用が異なりますので、実際の詳細は主治医とご相談されるのがいいでしょう。

 

 

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

だいたい予想していたとおりの回答でした。


とりあえず、手術はする方向性で考えることとしました。


 


アドバイスありがとうございました。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

手術する方向ということですね。

今の膝の状態、足のライン、体重、性格によっては、再手術もあり得ます。

当院では外科専門医(正式には日本には一人しかいないと思います)か大学病院で手術をしていただいています。

費用が高いですが、再手術の可能性を考えると、できるだけ専門家に依頼することが結局は費用を抑えることができます。

トイプードルはよくジャンプをする子が多いので、膝に負担がかかります。しつけの面からも飼い主様のサポートは必要になるでしょう。

いい結果がでるといいですね。

犬 についての関連する質問