JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

先日質問された蛋白漏出性腸炎になったヨーキーがステロイド治療をしているのにもかかわらず 食欲が全くなく、ヒルズなど

解決済みの質問:

先日質問された蛋白漏出性腸炎になったヨーキーがステロイド治療をしているのにもかかわらず
食欲が全くなく、ヒルズなどの療養食も手作り食もほとんどたべてくれません
3日前から栄養失調になり、本日セカンドオピニオンでも同じ病名でした。
歩くのもままならないくらい弱っているように思います
無理に食べさせてもいいのか、わかりません
すみません、どのようにすれば食べてくれるのかアドバイスお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

4歳のヨークシャテリアで蛋白漏出性腸症ということですね。

相当具合が悪いようですが、自力で食事ができない場合は食道チューブを設置してそこから流動食を食べさせることをお勧め致します。その場合麻酔を短時間かける必要がありますので、入院して点滴して少しでも状態を持ち上げてから処置されることをお勧め致します。

また治療でステロイドのみでは反応しない場合はベジタブルサポートファイバー(粉末タイプの食物繊維)を与えることで血中アルブミン濃度が上昇する場合があります。まだ使用されたことがないのであればぜひ使ってみられることをお勧め致します。

また食事はロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪がよろしいかと思います。

また腸内細菌のために整腸剤や必要ならば抗生剤を一時的にせよ使用されることをお勧め致します。

無理やり食べさせることは正直飼い主様もストレスですし犬も相当苦痛だと思いますのでチューブの設置による食事の給餌をお勧めします。また状態がよくなればチューブをはずすことも可能ですので、主治医の先生にご相談されることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返答ありがとうございます。


本日セカンドオピニオンの大学病院の先生から


どうしても食べないのなら、獣医さんに入院させて、食べさせるのはどうか?


わがままが他人には通用しないとおもうし、安心ではないか?


と言われました


獣医さんでは預かってくれるものなのでしょうか?


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

ワンちゃんが食事をしないのはわがままでは無いと思います。

病気で苦しんで食欲が無いのだと思います。

そのことを分かってあげられない獣医師はいかがなものかと思います。動物の苦しみをもっと理解する姿勢があればもう少しよい対策を考えることができるのではないかと思います。

動物病院で預かっていただき上手に食事を給餌することができる先生やスタッフはいるかもしれませんので、一度主治医の先生にチューブの設置のことも含めてご相談されることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


助かる方法があるならば、なんでもやってあげたいと思います


明日獣医さんに相談してみます


ありがとうございましたSmile

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

蛋白漏出性腸症は治療の目標が完治ではなく病気のコントロールですので、無理のない持続可能な治療計画を立ててワンちゃんの負担(精神的にも)も考えた治療をされることをお勧め申し上げます。

お大事にして下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご連絡遅くなりました


また、何かありましたら宜しくお願いいたします

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご連絡遅くなりました


また、何かありましたら宜しくお願いいたします

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ワンちゃんの具合はその後いかがでしょうか。

 

お大事にして下さい。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問