JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

お世話になります。雑種の中型犬(20kg以下)が秋田犬と喧嘩をし、右前脚橈骨頭脱臼 尺骨開放骨折になりました。開業医

解決済みの質問:

お世話になります。雑種の中型犬(20kg以下)が秋田犬と喧嘩をし、右前脚橈骨頭脱臼 尺骨開放骨折になりました。開業医の獣医さんに受診 。受傷から4日目に手術。手術時創部に膿を認めていたそうですが、整復術をしていただき、同日尺骨側にプレート挿入となりました。手術後からギプス固定で創部の処置をさせてくれない犬で4日おきくらいに麻酔下にギブスの交換をしています。皮膚の傷もあり、抗生剤つきのシートを皮膚の穴に挿入しています。心配なのは、手術時に創部に感染所見があったので、そこに異物のプレートが入っていると感染源とならないでしょうか?プレートを抜去しなくてもよいのでしょうか。また、創部の洗浄など感染を抑える処置をしないでいいのでしょうか。教えてください"
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

 

 

まずは、ご心配であれば、大学病院をご紹介してもらうのがいいでしょう。

あるいは、日本ではほとんどないですが、地域によっては、整形外科の専門病院がありますので、そちらを受診できるようなら、専門医のご意見をうかがうことをお勧めします。

 

回答が入らないようですので、私はジェネラリストなので、整形外科は専門外ですが、お答えします。

 

飼い主様のご指摘のように、感染巣がある場合には、骨折の治癒は困難です。まだ術後の経過が浅いので、X線での評価には早いと思いますが、今後の定期的なX線検査では、骨折がうまくつかないという所見が得られるようになるかもしれません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご連絡ありがとうございます。処置をさせてくれない犬で、毎回麻酔注射をしていますが、麻酔を頻回に行うとどうなるのでしょうか。


骨折がうまくつかないときはどのような治療になるのでしょうか。

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

麻酔の種類が分かりませんが、処置する程度の麻酔であれば、毎日行なっても、まず問題はないでしょう。

 

しかし、手術するような麻酔であれば、循環の問題を起こしてくるかもしれません。

 

年齢が分かりませんが、高齢なほど、その問題は顕著で、十分な点滴ができていない場合には、術後の腎不全などを起こす可能性はあります。

 

骨折が治癒しない場合には、一般的には断脚といって、足を失うことになります。感染が、他の部位に及ばないようにするためです。骨の中心は骨髄といって、血液を作っているところですので、そこの感染は、全身に細菌をばらまくことにつながるので、感染した骨の足は切り落とすことになります。

 

大学病院や専門病院はご検討されましたか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご連絡ありがとうございます。今の病院では、麻酔の注射後、覚ます時、毎回拮抗薬を注射しています。それは手術するような麻酔の種類でしょうか?


処置する程度の麻酔とは、局所麻酔ではなく、注射の種類で少し鎮静をかけるようなものの事でしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

拮抗剤のある麻酔なら、筋肉を緩めることがメインです。

それであれば、高齢で心臓に問題がない限り、今まで特に異常がなく、繰り返しているのであれば、問題が起こることはないでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご連絡ありがとうございます。


大学病院での治療だったら、手術時膿を認めたら、まず炎症を抑える治療に徹したのでしょうか。プレートはその場では入れずに。

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

プレートは使わず、創外固定という方法を使ったかもしれません。

 

実際に診療してみないと、どの程度なのかは、分かりませんし、主治医の判断によるところも大きいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
大学病院に紹介していただくとなると、早めの方がよいでしょうか?今週中など?
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.
大学病院にもよりますが、予約がいっぱいで、すぐには、みてもらえません。早めの受診がいいでしょう。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
丁寧なご返答ありがとうございました。
そのようにいたします。また経過を報告させていただきます。
ありがとうございました。

犬 についての関連する質問