JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5372
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

愛犬のコーギーのことでお尋ねします。 6歳。雌。体重が15キロまで増え、ずっと、獣医さんからダイエットフードを分け

解決済みの質問:

愛犬のコーギーのことでお尋ねします。
6歳。雌。体重が15キロまで増え、ずっと、獣医さんからダイエットフードを分けていただいています。
今、14,2まで減りました。
2か月ほど前、2週続けて片道2,5時間ほどのドライブに、ワゴン車の荷台に毛布等を引き、連れて行きました。カーブの多い山道でした。座ったり寝ればいいのにと思いましたが、ずっと立って頑張ってました。2回目のドライブの翌日、右足をかばうような(びっこ)しぐさをしだしました。すぐに病院につれていきましたが、先生の前では普通に歩き、何も せず帰宅しました。その後も動作の初めだけは方足に異常が見られましたが、そのうち完全に治りました。2週間まえ、現場は見ていないのですが、玄関の
チャイムの音に飛んで行き、50センチ近くある床から飛び降りたらしく、直後はかなり顕著に足を痛そうにしていましたが、30分ほどで、回復。元気に飛び回りますが、やはり動作の初めは特にひどく、その後は、あれっというぐらいなのですが、2週間こんな状態です。良くなるのかなと思い少し散歩を多くするとまた戻り、といった状態です。日にち薬だと思い、安静とダイエットに励んでいますが、それでよいでしょうか?お教えください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

何度かそのような症銃御が出る場合にはリュウマチのような関節炎が
発生している、あるいは変形性の骨関節症が起きている可能性があります

またその他に も体重が減ってきたので動けるようになり、少し無理な飛び降りや
飛び乗りなどをするようになって関節に負担がかかったなどがあるかもしれません

繰り返すようなら、レントゲン検査や触診、血液検査でリュウマチ因子の測定
炎症マーカーの測定、関節の穿刺検査などが必要になることもあります


今後も繰り返すなら先生に相談しましょう
ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問