JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はじめまして。   2000.11.生まれ ♂ ポメラニアンです。  今年5月頃、自宅でのブラッシング時に、背中

質問者の質問

はじめまして。
  2000.11.生まれ ♂ ポメラニアンです。
 今年5月頃、自宅でのブラッシング時に、背中側面の辺りに毛が抜けている所を発見し、よく見るとカサブタの様になり、カサブタと共に毛の根元から抜けて、少し広がってきている様な感じでした。
翌日、再度背中を見ると、少し離れた所にも小さな水泡?の様なものがあり、病院に行きました。
  雑菌によるもの。と言うことで、その部分の毛を剃り、ヨウチンを塗って下さいました。
 症状も治まり安心していたら、また違う所が同じ様になり、毛が伸びてきた所の一部にも 、毛の根元の所が、粉が吹いた様になり、再度病院に伺ったところ・・・前回同様、雑菌によるもので、水に濡れたりしたものが、そのままになっていたり、免疫力が下がっていると、濡れた所に雑菌が繁殖してしまって、このようになると。誰でもなるので、そんなに心配は要らないとのことで時期的に(6月頃)も、この症状は、とにかく毛を全部剃ってしまうことが一番早く治るし、何よりの治療だと言うことで、全身ピッグスキンに毛を剃りました。
  お蔭で症状も落ち着き、広がることもなく治まり回復したのですが・・・ 色素沈着した所や毛の抜け落ちた所、カサブタが剥がれて皮膚がピンクになっていた所がカサブタになってきたので、私は、てっきり症状が良くなって、人も怪我をした後カサブタが出来それが剥がれ落ちたら完治するのと同じだと安心していました。 まさか又なるとは思ってもいませんでした。
 ところが、また少し毛が伸びてきた頃に、安心していたのも束の間、また水泡?の様なものが見られたので、慌てて病院に行きました。が・・・先生は又出来てきた見たいだから取りあえず毛を刈っておきましょう・・・・薬浴シャンプーを勧められ、預けて私だけ一旦帰りました。
  その後、院長先生から呼ばれ、慌てて行くと・・・やはり、この広がりが気になると言うことで・・・
 白癬菌?人で言う水虫の菌だと困るので、その検査をし、その場で(10分位) 水虫菌の検査の結果が陰性と判明し、一安心したのですが、はっきりと、これといった原因がわからないままで・・・
 とにかく完全に治すことが先決と言うことで、抗生物質を10日間飲ませたあとに症状が治まっていても必ず再診言うことで帰宅。 その後の再診でも、広がりや新たな所もなく、完治と言うことになりましたが、原因は判らないままでした。
  季節的なこともあり、ずっと ピッグスキン状態でしたが前回のシャンプーの時からバリカンで刈るのは、やめハサミでの短髪にしていました。 生えムラのあった所も、ハゲハゲになってしまった所も、もうここは、生えて来ないと思われると言われた所も、うっすら毛が生えてき始めたのて安心していましたが、・・・・ここに来て、 又カサブタの様なものや、プツプツしたものが、3箇所程散らばって点在しているのを見つけ、ショックで・・・一度違う病院に行ってみようかと思い探している時に、こちらを見つけ、ご相談させて頂きました。
  どうか、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

12歳の雄のポメラニアンで5月から皮膚病が治っては再発の繰り返しということですね。

ご記入していただいた症状から恐らくそれは細菌感染による膿皮症あるいはホットスポットと呼ばれる皮膚病ではないかと思います。これは毛に着いている細菌が皮膚に付着してそこで繁殖することで水泡ができそれがはじけてかさぶたになることで生じます。

基本的には抗生剤(セファレキシンなど)による治療をすることで治りますが、毛の細菌をなくすことは困難なので、皮膚の状態によっては再発することが良くあります。特に夏場など湿気の多い時期には治っていは再発しを繰り返すことがございます。

ただし他の原因も関与している可能性もございますので、もう少し検査されることをお勧め致します。

検査としてはやはりカビの培養検査(ダーマキットという培養器の中に毛を入れて培養することでカビの感染があればカビが生えてきます。結果がでるまでに10日位かかります。)、皮膚のスクラッチ(かきとり検査)をして毛包虫(ニキビダニ)などの感染の有無を調べること(顕微鏡で調べるのですぐに結果がでます。)、だと思います。

またそのカビの培養結果がでるまでは抗生剤を飲ませていただくことをお勧め致します。

一般的に皮膚の再生には最低でも2週間かかると言われておりますので、もしかしたら10日間で治療を中止することが再発の原因の1つになっている可能性もあるかと思います。できれば抗生剤を皮膚が良くなっても最低1か月は使用されることをお勧め致します。それで再発が防げる可能性があるかと思います。

またシャンプーとしてはクロルへキシジンシャンプーがよろしいかと思います。

また年齢的に高齢になって生きていますので、免疫力が低下する病気(甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症など)がないかも必要に応じて調べることをお勧め致します。これらは血液検査やエコー検査で調べるものです。

犬 についての関連する質問