JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5476
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ゴールデン7才♂です。お散歩が大好きでしたのに、急におとといから、何度も道の途中で止まってしまいお座りしてはぁはぁと

解決済みの質問:

ゴールデン7才♂です。お 散歩が大好きでしたのに、急におとといから、何度も道の途中で止まってしまいお座りしてはぁはぁと言って、歩かなくなりました。家に帰るのも大変でした。

早朝と夕方遅くに涼しい時のお散歩ですし、暑さだけではないようなので足でも悪くしたのかと思いましたが、近所のお医者さんに診てもらいましたら心臓が悪いということでした。

食欲はありますがいつものようにはしゃいだりする元気がありません。鼻はぬれていて、便は2日間出ないので心配しましたが、今朝は固めに普通量出ました。

前からフローリングのせいらしく、足の靭帯を痛めたり股関節が悪いと言われていましたが、お座りの姿は正座で、若いのころのような横座りではありません。びっこはひきませんが、歩く時に元気なく少し痛そうな気もしまして、足が悪いのかもしれないと思いました。

心臓が悪いと言われたのは寝耳に水でして、しかも心電図とかそういう設備での検査結果ではないものですから、セカンドオピニオンを頂きたく思いました。

その先生の下さったお薬は、EISAI NE100 という錠剤を3つぶ と プロレン という錠剤をひとつぶ ずつ初めの5日間は毎日一回、六日目からは一日おきに同じように飲むように、と言われました。

以前のように寝ている姿よりも、起きていておとなしく暗い顔をしている時が多いものですから、何かを訴えているのでしょうか。かわいそうですがそれを読み取れなくて。。。

どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦 ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

おそらく診断はきちんとされていません

レントゲン検査や心電図、血圧、胸部超音波検査、血液検査などが必要です

出されている薬は気管支拡張剤で心臓が悪い時や咳をするときに気管を拡張させて
使用するものですが心臓病ならそれだけでは足りません

プロレンはステロイドで足の消炎鎮痛剤として処方されたのでしょう

考えられる病気としては
①脾臓や肝臓に腫瘍が出来ている
 超音波検査などが必要です

②心臓疾患

③甲状腺機能低下症
 代謝をつかさどるホルモンで低下がよく起こります
 下がると動きが悪くなります

④リュウマチなどの免疫介在性の関節炎
 リュウマチ因子や抗核抗体検査、レントゲン検査、関節の穿刺検査が必要です

⑤股関節などの関節の慢性変形による痛み
 レントゲン検査などが必要です

改善していないのであればきちんとした診断が必要です
きちんと検査をしてくれそうな病院を探して検査をしてもらいましょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

詳しくお答え頂き、病気の可能性も具体的に書いて下さり、覚悟のようなものができますし、感謝しております。


”きちんと検査をする” ということに関しまして、家族で話し合いをしようと思います。検査の結果手術が必要だった場合なども含めて、このコにとって何が一番の幸せか、ということが大事なことなものですから。


 


ありがとうございました。


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
お大事にどうぞ

犬 についての関連する質問