JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

夜、遅くにすみません。現在、16歳になる柴犬(おす)についてお尋ねいたします。質問内容は、6か月位前から、体がかゆい

解決済みの質問:

夜、遅くにすみません。現在、16歳になる柴犬(おす)についてお尋ねいたします。質問内容は、6か月位前から、体がかゆい為か後ろ足で両方の脇腹の広い範囲を掻くようになり、現在両側共に体毛がとれ、肌がむき出しになっていて又その上から足で掻く為、少し出血しています。獣医師に診てもらおうと抱こうとすると噛んで移動も できません。さりとて、歩いて連れて行くにも年齢のこともあり、歩いてくれません。なお、食欲はまだあるようでドッグフ-ドは食べています。目はあまり見えないようです。この様な状態でこまっていますが、せめて痒みをとめる薬および体毛のない肌を守る(掻く為)グッズが、あれば教えて頂きたいと思います。*老犬になってから、体を洗おうとすると噛んでくるため、ここ1年ぐらいは洗えていません。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、その年齢の柴犬さんでその症状ですと、疥癬や毛包 虫などの外部寄生虫症、細菌性皮膚炎、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能低下症などのホルモン性疾患、食事アレルギーなどかなりさまざまな原因があります。
かゆみを止めるお薬はありますが、お薬は診察を受けてからでないとお出しできません(獣医師法で決まっております)ので、やはりお薬が必要であれば診察を受けてもらうしかないでしょう。
病院に連れていけないのであれば、往診に応じてくれる病院も多いので、お近くの病院に電話で問い合わせてみてください。
よほど暴れる子であれば難しいかもしれませんが、口輪やエリザベスカラーをつければ噛む子でも診察は可能です。

それから肌を守るためにはやはり物理的なものが必要になります。
一番いいのはワンちゃん用の服、あるいは子供用のTシャツなどを着せることです。
ワンちゃん用の靴下をはかせてかかせないようにする方法もありますが、それをしてもかなり嫌がって靴下をとってしまう子がほとんどです。

柴犬の子で噛むこの場合、服を着せることも難しいことが多いので、まずは往診に来てもらってお薬を処方してもらったり、服を着せてもらえれば着せてもらうのが一番でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問