JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳のレトリバーの男の子です。1ヶ月前から左前足が、起き上がるときしびれているような感じでした。2週間前から関節炎の

解決済みの質問:

8歳のレトリバーの男の子です。1ヶ月前から左前足が、起き上がるときしびれているような感じでした。2週間前から関節炎のお薬を投薬していただいていますが、症状は顕著になっています。立ち上がってから歩きはじめに前足を引きずりながら体を揺らしながら歩き、 しばらくすると何もなかったように普通に歩くし走るだったのが、今朝の散歩では、10分くらいのゆっくりした歩きでも、帰って来る頃には、頭を上下に振りながら、左足をかばうように歩いております。
レントゲンや触診では、変化は診られないとのことでした。考えられる病気と治療法等伺えると幸いです。MRIやCTの判断が急務でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

8歳のレトリバーで1か月前から左前肢のハコウということですね。

2週間関節炎の薬を飲んでも良くならないということですね。

神経学的検査にて麻痺が無いかどうか調べることをお勧め致します。また関節の可動域の変化や痛みの有無なども再度チェックしていただくことをお勧めします。

骨の異常が無い場合でも上腕二頭筋の腱鞘炎などの炎症の可能性もあるかもしれません。

レントゲン以外でも血液検査にてCRP(炎症マーカー)やASTやCPKの上昇など筋肉の炎症の時に上昇する項目を測定することもお勧め致します。散歩のときに左への負重をかけることを嫌がるしぐさをしていることから、痛みや場合によっては麻痺を起している可能性が考えられます。

大きく分けて整形疾患なのか神経疾患なのかは神経学的検査をすることである程度分かると思います。その後必要であれば、CTやMRIを撮っていただくことをお勧め致します。

今のかかりつけの先生では病気の原因がよく分からない場合には大学病院や2次診療施設を紹介していただき、検査をされるとよろしいかと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のご返信ありがとうございます。


ここ2~3日の急変に戸惑っています。3日前のDrの診断は、もう少し様子をみては、ということでしたが、早急に専門医を紹介していただいた方がよろしいでしょうか?このまま歩けなくならないかと心配です…。


よろしくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

まずは容態が悪化したことを受診して主治医の先生に伝えていただきもう一度診ていただくことをお勧め致します。

1か月前から症状がでておりしかも消炎鎮痛剤?で治療しても反応しないということは関節炎などではなく神経の異常など(神経鞘腫など)の可能性もあるかもしれません。

ただ関節疾患の場合消炎剤の投与と安静も重要なのですが、安静にはされておられたのでしょうか。運動することで炎症がひどくなっている可能性もあるかと思います。

もう一度触診や神経テストなどして麻痺や痛みが出ていないかをよく診ていただく必要があると思います。

もし主治医の先生にこれ以上の診断についてアイデアが無い場合には専門医のご紹介をお願いされてもよろしいかと思います。大学などの場合、主治医の先生に予約を取っていただき紹介状を書いてもらえれば診察を受けられますし、診断が付いた後には主治医の先生の元で治療を受けられます。またこのような2次診療施設での診察は予約しても数日から1週間程度後になることがよくありますので、早めに予約されておかれて症状が良くなった場合にはキャンセルしていただくのでもよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問