JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

教えてください。 ミニチュアダックスを飼っています。 現在14歳です。 3年ほど前に乳腺腫瘍が見つかりました。

解決済みの質問:

教えてください。
ミニチュアダックスを飼っています。
現在14歳です。
3年ほど前に乳腺腫瘍が見つかりました。
少し他より大きいものが一つあり、他は小さいものが複数個(10個ぐらい)みつかりました。
手術をすすめられましたが、全部とりきれない。高齢である。今後どのくらいしこりが大きくなるか
わからないとの事で、手術をしても完治しないのであればと経過観察することにしました。
しかし、ここ一年一番大きかったしこりがみ るみるおおきくなり、実家に預けていたここ一ヶ月でかなりの大きさ(ゆかにつくのではないかと思うくらい)になり
昨日少し出血しました。
実家の近くの動物病院に連れて行くと、
次にもっと大きくやぶれると出血が止まらないかもしれない。
その際は安楽死かそのとき手術するか経過を観察するかと言われました。
手術に耐え切れず麻酔で亡くなる可能性があるとも言われました。
どうすれば良いのか悩んでいます。
この年で手術してもしものことがあったら、その選択を悔やむと思います。
かといって腫瘍が破れて痛い思いをするのなら今手術に踏み切ったほうがいいのか。
入院期間や費用の面なども参考にしたいので教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

腫瘍がやぶれた場合は確かに出血や疼痛、感染がかなりひどくなる可能性は高いです。
一か月くらいでかなり大きくなってきたということは両性のものが悪性に変わった可能性もあり(乳腺腫瘍ではそういった悪性転化は比較的多いとされています)、さらに今後も大きくなる可能 性は十分あるでしょう。
そうなると1か月もたたないうちに自壊してしまう可能性も考えておかないといけません。

確かに14歳であれば高齢ですので、麻酔や手術のリスクもあります。
どの程度リスクがあるかは心臓や腎臓、肝臓などの内臓の状態と腫瘍の大きさにもよりけりで、14さいでも問題なく手術ができる子も実際には多いです。

手術に踏み切った方がいいかはワンちゃんの状態、腫瘍の状態、ワンちゃんの性格や飼い主さんの意見などがかなり大きくかかわってくるので、文面だけでやった方がいいかどうかは今回のケースでは何とも言えません。

入院期間や費用は手術でどれくらいの範囲を切除するのか、ワンちゃんの内臓の状態、それから病院の方針によってかなり変わってくるので、一概には言えませんが、術後の回復が順調であれば、入院は2~4日、費用は7~20万くらいになると思います。
かなり幅広いですが、東京と地方ではかなり費用も変わりますし、病院の設備や入院看護、麻酔の種類や疼痛ケアなどによってかなり変わってきますので、それくらいの範囲には入ると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

素早いご回答ありがとうございます。


主人の勧める設備の整った病院に問い合わせると30万ぐらいと言われましたので一般的な金額を教えて頂きありがとうございました。


参考にさせて頂きたいと思います。


腫瘍はかなり大きく、最近では動きにくいのか寝ていることが多いです。


飼い主の意向とよく先生に言われますが、


私の場合は体にメスを入れて、何かあったときが怖いのです。


仮に腫瘍がさけてしまったとしても、実家の近くの先生がおっしゃるような安楽死という選択も私には選べません。


このようなケースがもし、先生の知り合いの中で起これば、手術が出来るなら踏み切ったほうがいいと思われますか?


お答えいただいた後は自分で判断しますので参考までにお聞かせ願えないでしょうか?


よろしくお願いいたします。


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、状況にもよりますが、腫瘍が自壊(破裂)した後の状態を何例も見ておりますが、かなり大変です。
痛みはそれほどない子も少なくありませんが、少し擦れただけですぐ出血したり、自壊部が化膿してジュクジュクしてかなりにおいがきつかったり、お世話や傷の管理はかなり大変です。

ですので、手術ができて、うまくいく見込みがある程度以上あるのであれば手術を勧めはします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問