JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12年可愛がってきたミニチュアダックスが昨日突然なくなりました。 朝ご飯もよく食べ、午前中は普通にしていましたが、

解決済みの質問:

12年可愛がってきたミニチュアダックスが昨日突然なくなりました。
朝ご飯もよく食べ、午前中は普通にしていましたが、午後1時半頃
おと なしく寝ていたのに、舌が紫色になっていることに気がつきました。
息づかいは荒くなかったのですが、お腹で息をしているような感じもしました。

少し様子をみていたら、気持ち悪いようで、落ち着きなくうろうろと歩いて未消化のエサを少し吐きました。
水のそばまで行っても水は飲みそうで飲まず、じっとしていました。

その後水っぽい物を少し吐いてから水を飲みに行き少し飲んだときは舌の色がピンクになっていたので、良くなったかなと思っていたら
飲んだ水を吐いてしまい、苦しそうにしていたので抱き上げたら舌が紫色でした。

その間20分くらいです。

その後かかりつけのお医者さんへ向かう途中に息をひきとってしまいました。

あまりに突然で、症状に気がついてから1時間もたたないうちに亡くなってしまったので、おそらく心臓だろうと言われても、その原因がなんなのかを可能な限り知りたいです。

生きている間の事は何の後悔もないのですし、この子におきたすべてを含めて
寿命だったと思っています。ただ、「何で?何だったの?」という気持ちがおさまらず、こちらへ質問させていただきました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

かなり詳しく書いていただきましたが、もう少し情報をください。

最後に病院にかかったのはいつですか?またその時には何か検査をしていますか?
咳などはしていなかったでしょうか?
何か喉に詰めた可能性はありませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

犬を連れて行ったのは1年くらい前だと思います。
薬だけをもらいに行ってました。


症状は軽いのですが、2歳の頃からてんかんがあり、9歳から


フェノバール30mgを4分の1を一日1回飲ませています。


あと、夏になるとかゆみ止めをたまに飲ませます。メトロール2mgを半分です。先生はどれも心臓には関係ないと言っていました。


フィラリアの薬は錠剤を月1回半年飲ませています。


が、蚊に刺されたことはあります。


急性フィラリア症というのをネットでみました。


それが一番可能性が高いのでしょうか。


 


何年か前に10月11月に飲ませるフィラリアの薬を飲ませ忘れたことがあります。


かかりつけの先生は心配はしていましたが、大丈夫でしょうとそのときは言っていました。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

確かに急性フィラリア症というのは可能性はありますが、フィラリアの検査は今年は受けられていないのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


正直、フィラリアのことはあまり気にしておらず、検査もしていませんでした。フィラリアなら咳が出るか何か症状があるだろうと思っていました。


薬を飲ませてるんだからと、フィラリアのことを少し簡単に考えていたことも事実です。


ただ、実際に検査をしたことがないので確実なことはわかりません。


亡くなったときも原因を特定するような検査をするということは思いませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

フィラリアは運が悪いと1,2か月抜けただけでも感染してしまう可能性はありますし、地域によっては半年間だと少し不足してしまう可 能性もあります。
フィラリア症は症状を出すことも多いですが、出さないことも多く、その場合、急性フィラリア症で、心臓の弁にフィラリアの虫体が絡まると急激に循環不全を起こすので、チアノーゼを起こして急死する可能性はあります。

舌が紫色に急になっていたというのは何らかの原因で低酸素症を起こしてチアノーゼを起こしていたということになります。
原因としては、呼吸器系(異物を喉に詰めた、血栓肺塞栓症など)か循環器系の異常(心臓弁膜症、心タンポナーゼ、拡張型心筋症、心筋梗塞、不整脈など)が考えられます。

残念ながらこれらは解剖検査を受けないとわかりませんが、やはり定期的に健診を受けられ低レバ防げた病気の可能性もありますし、そうでないもの(急性心タンポナーゼや不整脈)であった可能性もあります。
ご冥福をお祈りいたしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。もう一つお聞きしたいことは、


うちの子は病院に着いたときには心臓が止まっていたと先生に言われたのですが、


 


素人の考えでは、心臓が先に止まってしまったら心臓そのものに原因があって、呼吸が先に止まってしまったら心臓以外に原因があるのではと思ってしまうのですが。


 


やはり心臓そのものに原因(急性フィラリア症)があったと考えるのが自然なんですよね。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
心臓自体に問題があっても心臓が先にとまることは稀です。

通常、心臓の動きが弱くなって、全身へ酸素が回らなくなり、呼吸中枢の働きが落ちて先に呼吸が止まります。
そののち、心筋が低酸素を起こして心臓が止まることがほとんどです。

呼吸器の異常が原因のこともありますが、経過から考えると心臓が原因だった可能性は高いのではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問