JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

11年目のミニュチュアダックスですが、一年前より眼が見えないようすなので、白内障かと思っておりましたら、先日予防接種

解決済みの質問:

11年目のミニュチュアダックスですが、一年前より眼が見えないようすなので、白内障かと思っておりましたら、先日予防接種の検診で先生が光を当てても瞳孔が動かないので何らかの病気では?との事でした。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

11歳の雌のM.ダックスで1年前から目が見えていないということですね。

白内障によるレンズの変性が原因ではないとしたら、網膜(光を受け取る場所)が変性する病気で、中高齢のダックスにときどきある突発性後天性網膜変性(SARD)の可能性が高いと思います。それ以外に高血圧による網膜剥離や、脳内腫瘍による視覚経路の異常などが考えられます。

無麻酔でできる脳神経テスト、眼底検査、多飲多尿の兆候(沢山水を飲み沢山尿をする)(尿検査)、血液検査などないか、また必要でればMRIにて脳の異常の有無を調べるなどが考えられる検査です。MRI以外は比較的ワンちゃんの負担のない検査ですので一度されることをお勧め致します。

SARDを含めまして他の病気であっても視力が回復することは困難かもしれません。しかし幸いワンちゃんは視覚に頼らず嗅覚のみで生活することができますので、視力を失っても通常の日常生活には支障が無い場合が多いです。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

今までよりも多飲多尿の兆候があります、どのような対応をすれば良いでしょうか?それと、昼間は、誰も家にはいませんので一匹で留守しておりますが、大丈夫でしょうか?お願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

多飲多尿の兆候があるということですね。

まず目についてですが、目が見えていない場合先ほどのSARDや視神経炎、網膜剥離、緑内障など目の病気の可能性については、やはり一度眼科検査を受けられて診断されることをお勧め致します。

多飲多尿について、ワンちゃんも目が見えませんとあまり動かなくなります。そうすると食欲はありますが動きませんので肥満になって肝臓病になったり、内分泌疾患の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群といってステロイドの分泌量が増える病気 です。)などで多飲多尿の症状がでることが知られております。その場合まず尿検査をされて尿比重(尿がどれだけ水っぽいかどうか)を調べること(朝一の尿で数回検査されることをお勧め致します。)その後やはり尿比重の低下がみられる場合には肝臓病や腎臓病、副腎皮質機能亢進症などの病気の有無を血液検査やレントゲン、エコーなどで調べることをになります。それぞれの病気やその程度によって治療方法は異なりますので、主治医の先生と治療方針はご相談されることをお勧め致します。

まずは尿検査から順番に検査されることをお勧め致します。

一般的に眼が見えなくてもワンちゃんは鼻が利きますので一人でのお留守番でも問題ないことが多いです。お水をよく飲むとのことであれば、お水が無くならないように複数のお水のお皿を置かれるとよろしいかと思います。

また運動不足になりがちですので、ワンちゃんと遊んであげることをお勧め致します。

犬 についての関連する質問