JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

17歳の雌柴犬です。 1週間前に腎不全から尿毒症と診断され、通院しながらの点滴治療を終了し、家で看取るこにして3日目

解決済みの質問:

17歳の雌柴犬です。 1週間前に腎不全から尿毒症と診断され、通院しながらの点滴治療を終了し、家で看取るこにして3日目になります。
昨日からはエサも食べなくなり、水だけは今朝もスポイトから飲みました。
現在 1時間~30分間隔で全身に1~2分の強い痙攣を起こします。
対処はなく、静かに見守る事が一番良いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

17歳の柴犬で腎不全による尿毒症で、現在は治療をされておられないということですね。

ワンちゃんが現在痙攣を起こしているということですね。

状況としてはアンモニアなどの有害物質の影響で脳で異常興奮がおこり発作が定期的に起きていると思います。

恐らくワンちゃんはほとんど意識がないのでは、こん睡状態ではないかと思います。その場合ワンちゃん自身はそれほど苦しみを感じてはいないのではないかと思いますが、看護されている飼い主様は定期的に発作がおきるのを何もできずに看病されるのはつらいことだと思います。

治療とは言い難いですが、痙攣を止めるお薬で坐薬でダイアップというものがございますので、痙攣を止めるために病院にて処方していただいてはいかがでしょうか。

ご自宅にて自然に逝くのを看取られるということであれば、痙攣を抑えるお薬を使用されることをしていただいてもよろしいかと思います。

通常のワンちゃんですとそれで呼吸が止まるということはございませんが、飼い主様のワンちゃんの場合相当弱っているとおもいますので通常量の1/4量程度から使用されてみて聞かない場合には1/4量ずつ追加で肛門から入れていただくのがよろしいかと思います。

使用上の注意点などは主治医の先生にご確認されることをお願い申し上げます。

人でも腫瘍などの末期にはなるべく苦しませないようにモルヒネなど使用します。ワンちゃんはもちろん腫瘍ではございませんが、病状が末期の状態であることは間違いございませんので、なるべく苦しませないで最後を迎えられるようにご配慮されることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問