JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスフント雄10歳10カ月、6.8kg 3日前から、後ろ左足を地面に着かないように歩いています。

解決済みの質問:

ミニチュアダックスフント雄10歳10カ月、6.8kg
3日前から、後ろ左足を地面に着かないように歩いています。
足を触っても痛がらないのですが、腰を痛めたのでしょうか。
また、その場合の治療方法を教えてください
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

犬種からすると椎間板ヘルニアは疑わざるを得ません。

できるだけ早く治療を開始することが大切なのですが、もうすでに3日経過していますので、

出来る範囲で早めに動物病院を受診しましょう。

ヘルニアでなければ、一安心です。

その時にびっこの原因を診察してもらえると思いますが、膝のお皿がはずれてしまったのかもしれません。また、膝を支えている靭帯が切れてしまったのかも知れません。しかし、それくらいでは、「辛そうで寝転ぶ」ほど、具合が悪くなることは少ないと思います。

ほかの可能性、つまり、椎間板ヘルニアなどの重度の病気が気にかかります。

もし、動物病院の受診ができないということなら、できるだけ歩かさないようにして、排泄だけ済ませたら、すぐに戻り、できるだけ狭いところに数週間くらい入れて、十分な運動制限をしておきましょう。運が良ければそれで回復する可能性もあります。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問