JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1ヶ月程前にペットショップにて現在3ヶ月弱のマルプーオスを契約しました。当初一週間後位のお迎え予定だったのですが、そ

解決済みの質問:

1ヶ月程前にペットショップにて現在3ヶ月弱のマルプーオスを契約しました。当初一週間後位のお迎え予定だったのですが、その後お腹に寄生虫がいるとのことで下痢の為お迎え延期。下痢が治ったかと思うと今度は右手の左端の爪と皮膚の間にカビが生え真菌症と言われ ました。最初は消毒をすれば治るというペットショップからのお話だったのですが一週間後、真菌症部分が炎症を起こし腫れてしまい、抗生物質を一週間服用。毎日手ののシャンプーで今は菌もすくなくなり薬も半分の量に減ったとのことです。

まだ3ヶ月も満たないうちに2つ病気になり今後家に連れて帰ってきて万が一亡くなってしまったら…など不安がいっぱいです。
この子は病弱な子なのでしょうか??
犬を飼うのが初めてなので色々と考えてしまって…

緊急性のない質問で申し訳ありません。
お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ご質問ありが とうございます。

消化管内寄生虫も皮膚の真菌症も子犬ちゃんには比較的多い病気で、体質的に弱いために起こるというわけではありません。
ですので、その子が弱いとか、連れて帰ってきたら亡くなってしまうというような心配はそれほどしなくてもいいかとは思います。

ただし、消化管内寄生虫はお薬で完全になくすことはできますが、皮膚の真菌症は難治性になったり、再発することもしばしばありますので、初めてのワンちゃんですし、不安であれば、ほかの子の方が無難ではないかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。
ワクチンがまだ1回目しか打っていないのですが、それも関係しているのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
ワクチンでは消化管内寄生虫も、皮膚の真菌症も予防できませんので関係はありません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問